Posts categorized "競馬"

December 26, 2011

SESSION #201 「さようなら、荒尾競馬場」

201なんとなく、久しぶりの更新となります。

前回の更新から今まで色々なことがありました。

特にプロ野球・日本シリーズに関してはナゴヤドームでの3連敗を目の当たりにするという、あまりに大ショックな事件も。

こんなブログにのほほんと観戦記を書く気にもならないほどの精神状態だったので、ほぼ野球観戦記となっているこのブログですら日本シリーズに関してはスルーしました。

で、久しぶりに書くわけなんですが、前回に続き今回も九州への旅行記だったりします。

前回、10月の初頭に鹿児島・宮崎・熊本へと旅行に行ったのですが、今回は大分・熊本のあたりへ。

と、いうものの、今年の8月頃に熊本県にある荒尾競馬場が廃止になるという報を耳にし、あの有明海を望む競馬場へもう一度行きたいと思っていたのを何とか実行に移したかったため。

嫁と息子には納得してもらえるよう、競馬場に行く前日は湯布院の温泉に一泊し、自分が競馬場に行っている時間は博多のキャナルシティでお買い物をというプランで今年2度目の九州へ。

8年ぶりに訪れた荒尾競馬場。 コースの向うには有明海、その向こうには雲仙・普賢岳。 4コーナーの後ろには三池の灯台。 名物のシーフードカレー。 これが楽しめるのもこの日が最後に。

201_2
(競馬場の向うには有明海、その後ろに見えるのが雲仙の山々)


October 18, 2008

SESSION #167 「北海道でナイターを観戦」

167
二泊三日で北海道へ出かける。

5月に函館にも出かけているので、今年2回目の北海道旅行。

今回の目的地は旭川と帯広の2ヶ所。

お目当てはナイターの観戦に。

ナイターといっても野球にはあらず。

このシーズンになってもまだやっているナイター競馬を観に行くため。

さすがに10月も下旬になっての北海道。

日中はまだ暖かいものの、夜になるとかなり冷える。

ナイターで競馬を観るためだけに、こんな時期に北海道まで出掛けるなんてのは、一般人からしてみれば本当に酔狂なんだろう。

が、競馬打ちには競馬打ちなりの理由があるわけでして。
162_3

この度の旅行の費用は往復の飛行機と二泊の宿代の合計で2万9500円ナリ。

飛行機は中部から千歳へのANAの便、もちろん宿もちゃんとしたホテルだけども、破格のこの値段。

今の時代、ちゃんと探せば何でも安く見つけれるのはありがたいのだけど、はたして企業はこれで利益でているんだろうか?

ちょっと心配になってしまうのだけども・・・

167_2_2


あっ、一応は旭川に行ったと言うことで、話題の旭山動物園にも行ってきました。

数年前にも一度だけ行ったことあるので、2回目の旭山動物園。

動物園の駐車場にはレンタカーと観光バスばかり。

さすがに平日は道外からの観光客ばかりなんでしょうか、相変わらずの盛況ぶりに感心でした。


February 29, 2008

SESSION #154 「旅の最後はナド・アルシバ」

155_4904
もうドバイへ行っていたのは二週間も前のことなのですが。

これだけは書かないわけにはいかないので、ドバイの競馬場のことを。

競馬ファンならば、おそらくほとんどの人が知っているドバイのナド・アルシバ競馬場。

今回の旅行で、ちょうど運の良いことにドバイ滞在日と競馬場の開催日が重なったので行くことができました。

当初、競馬場で夕食をとる(ドバイの競馬場はナイター開催)という予定で、地元のツーリストにディナー付きの指定席スタンドを申し込んだところ予約でいっぱいということで、それならば指定席のみでということで、ミレニアム・グランドスタンドのラウンジシートの予約をとったのだったが。

いざ、スタンドの席へとむかってみると、そこはおシャレに着飾った白人たち(まちがいなくイギリス人だ!)の社交場で、東洋人などは自分たち夫婦のみ。

みんなラウンジでお酒を飲み、レースの時間になるとコースの見えるテラス席へ移動して競馬を見物するという場所。

こりゃ、競馬場ではなくサロンじゃないか。

こ、これは失敗した。 わざわざ日本で競馬を打つ時と同じく新聞を片手にハンチング帽をかぶって乗り込んだ自分はあきらかな場違い。

もしかして、間違えてディナー付きの席が予約できちゃってたら、いったいどんな世界に放り込まれていたのかと思うと、ちょこっとだけホっとしたわけですが。

なんとなく、競馬駆け出しのころエプソムとかロイヤルアスコットとかのイギリスの貴族競馬に憧れた事もあったけど、そんな場所に日本人が入ろうものならば即座に異端の目で見られてしまうということがハッキリとわかりました。

もし、この環境をプレッシャーの思わない日本人がいたとしたら、それはよっぽど高貴な家にお生まれのかたか、それかただのバカかのどちらかに間違いない。

一昨年の凱旋門賞のとき、ディープインパクト騒動でフランスのロンシャン競馬場で大騒ぎをした日本人はいったい何を競馬場で感じ取っていたのかをちょっと知りたくなったが。

で、そんな居心地の悪いラウンジからは退散して一般席に陣取ってレースを見てたんですが、隣の席に座っていたアラビアンなおじさんが笑顔で、「ニーハォ!」と挨拶してくるので、「ジャパニーズだよ!」と言ったら、「オレはイラン人なんだけど日本が大好きだよ」と言って、お菓子をくれました。

はやり、競馬場はこういう人たちがいる場所のほうが居心地がいい!

この日のメインレースはUAE2000ギニー(G3)。

勝ったのはオナーデビルという馬。

いずれこの馬が、UAEダービーを勝って、いつかジャパンカップで日本に遠征してきてくれたら、ちょっとうれしいかも。

そんなことを考えるヒマも無く、このレースの4時間後には自分は日本に向かう飛行機の中。

そして、中部国際空港につくなり、あの忌まわしい検疫でのインフルエンザ事件へと続き、この旅は幕を閉じるのでした。

(写真はメインレースUAE2000ギニーのゴール前)


February 22, 2008

SESSION #152 「トルコにも競馬はある!」

152
一般的には馴染みは無いのだが、トルコにも競馬はある。

そもそも、サラブレッド三代始祖の一頭「バイアリーターク」は、その名の通りトルコ生まれのターク種であるからして、トルコはサラブレッド生誕の地のひとつと言ってもいい。

が、日本の競馬とはほとんど関わりがないせいか、わが国では認知度は極めて低い。

認知度は低くても、トルコ競馬の賞金は意外に高く、トプカプダービーやボスフォラスCなどヨーロッパでもトップクラスの高賞金レースもあるので、世界的にはそれなりに認知度は高いみたい。

要は、日本の競馬はレベルは別にして賞金だけは高いために、日本の競馬関係者にしてみればあんまりトルコには目が行かない、というのが真相なんでしょう。 

で、そのトルコ競馬。

イスタンブールやアンカラなど、トルコ国内に7ヶ所くらいあるらしい(これは調べたのではなく、マークカードの場外欄が7つあった)が、幸運なことにたまたま自分が滞在している日にイスタンブールの競馬場で開催があったので、これは千載一遇のチャンスと思い、無理は承知で嫁にお願いして行くことに。

まさに、新婚旅行にあるまじき行為!

しかし競馬打ちとしては背に腹は変えられない。

イスタンブールの市街地からトルコ国鉄で約30分ほど、イスタンブールのヴェリフェンディ競馬場へ。

トルコ国鉄の在来線は、いかにもダウンタウンにむかうローカル列車という感じで、暗く汚く、もちろん観光客の姿は一人もいない。

車内ではボールペンやレモンの搾り器を売る行商人や、ティッシュやタバコを売る貧しい少年なんかが徘徊をしており、観光地ではないトルコの姿を見ることができた。

競馬場自体は、思っていたよりも大きく、雰囲気なんかは日本の競馬場に似ている。

競馬新聞もちゃんと売っているし、マークカードで馬券を買うというシステムも、まあ一応は近代的だ。

いかんせん、自分が行った日は平日の重賞も何も無い日だったので、「とりあえず」行ったというだけというのがちょっともったいなかった。

が、これが自分にとっては記念すべき海外競馬の初体験。

記念すべき第一歩をトルコの地に刻んだとさ。


November 29, 2007

SESSION #144 「レジェンドハンター」

Img_4294笠松のレジェンドハンターの引退が発表されたのは2日前のこと。

突然といえば突然だったけども、年齢はすでに10歳。

競走馬、それもこれだけ実績を残してきた馬としてはむしろ遅すぎたくらいだ。

競馬ファンでも東海公営に詳しい人でなければ「まだ走っていたの?」という反応のほうが普通だろう。

レジェンドハンターが全国の競馬ファンにその能力を見せ付けたのは1999年のデイリー杯3歳S。 安藤勝を背にラガーレグルス以下を0.4秒差の圧勝劇。

続く朝日杯3歳Sでは一番人気に推されるも勝利目前にわずかに差され0.1秒差の二着。 勝ったのはその後ホンコンで重賞を勝ちまくることになるエイシンプレストン。

勝負事に「もし」は禁物と言われるが、エイシンプレストンの活躍を見るたびに、もしこのレースをレジェンドハンターが勝っていたら・・・とファンならば思わざるを得なかった。

今にしてみれば、この二歳の時がレジェンドハンターにとって最もピークだった。 競走馬としていちばん充実するはずだった(新表記の)3歳春のほとんどを故障により棒に振り、秋に復帰した時はもう全力で走ることはできなくなっていた。

500キロを超える雄大な馬体も、爆弾をかかえている脚にとっては重荷だったのかもしれない。

制したグレードレースはわずかに二つながら、その能力はファンも関係者も知っていた。 オグリキャップ以後、オグリキャップ以上の夢を見れた唯一の馬といってもいい。

8年間走った現役生活。

その間には笠松競馬の存廃問題もあり、主戦騎手だった安藤勝と安藤光は中央に移籍し、全日本サラCを勝った時の鞍上だった山崎は引退。

馬齢表記も変わり、「デイリー杯3歳S」という名称自体がもう過去のものという感じさえする。

芝での中央挑戦で一番人気に応えたテレビ愛知オープン、復活を期しながらも絶望の淵に叩き落された東海菊花賞の落馬事故。

長いあいだ走っていた馬だけに印象深い出来事はあまりにたくさんある。

同期には同じ東海公営のエース格として全国で活躍したブラウンシャトレーとミツアキサイレンス。 思い出してみれば本当に豪華な時代に走っていたんだなぁ、と。 その二頭もとっくに引退してしまっている。


引退レースとなった本日の笠松競馬 第10レース 「いろり火特別」
重賞「笠松グランプリ」が終わったあとに行われる何でもないA2級の特別戦が、レジェンドハンターの最後のレースとなった。

これで61戦目。 結果は7着。

西日が沈みかけた中で行われたレースを走り終えるのを見届け、これで1つの時代が終わったんだなと一抹の寂しさを感じた。

また、東海公営からこれだけの夢を見れるような馬が現れてくれるだろうか。


 レジェンドハンター
61戦26勝 (うち中央2勝)

 主な勝ち鞍
・兼六園ジュニアC
・デイリー杯3歳S
・東海桜花賞
・テレビ愛知オープン
・全日本サラブレッドカップ

(写真:引退レースを7着で入線するレジェンドハンター 笠松競馬場にて)


November 12, 2006

SESSION #127 「後味の悪い馬券」

京都競馬場で行われた、第31回エリザベス女王杯。

一番人気に推された無敗の3歳馬カワカミプリンセスが圧倒的な強さを見せ6連勝でゴールを駆け抜けた。

自分の買った馬券は2番人気スイープトウショウからのもの。 そのスイープトウショウも三着を確保し三連単はしっかりと的中。

締め切り前の時点で160倍はつけていたから、1番人気絡みでもこれはじゅうぶんに美味しい。

まあ馬券があたったことはもちろんだが、勝ったカワカミプリンセスの強さには感心させられたし、日頃はなかなかマスコミなんかに注目されることの少ないながらも、大レースで本領を発揮する西浦調教師と本田騎手のコンビに
は素直に、おめでとうという気持ちでいた。

騎手時代の西浦氏のファンでもあったし。

が、事態は数分後に急転。

テレビカメラは、憮然たる表情で検量室から出てくる西浦調教師と、そして無言で勝負服を脱ぎ捨てる本田騎手を写した。 これは、間違いなく降着、あるいは失格だ。

そして、まもなく場内放送。 結果はやはり、12着への降着。

なんとしたことか、まさかこんな風にカワカミプリンセスの無敗の連勝がストップしてしまうとは。

GIレースでの一着馬の降着は、平成3年、天皇賞・秋のメジロマックイーン以来。
そういえばあの時、マックイーンに走路を妨害された被害馬だったプレジデントシチーの騎手は本田騎手。
15年前の被害者が、今度は加害者に。 こういう形で歴史が繰り返されるとは、なんたる因縁か。

降着の結果、2着馬が繰り上げて優勝、同じく3着馬が2着に、4着馬が3着に。
と、言うことは・・・4着に入線したディアデラノビアの馬券は買ってあったはずだから、三連単はどっちにせよ的中か。

払い戻し額は、92970円ナリ。 これは自分にとって過去最高の的中額。
それにしてはあまりうれしくないし、むしろ後味が悪い。

当たったんだから素直に喜べるほどの単純なギャンブラーでは自分は無い。
競馬ファンってのは、案外こういう人が多いのかも。

裁定後の検量室で、本田騎手と西浦調教師が見せた表情が頭から離れない。


December 10, 2005

SESSION #100 「競馬場でもドラゴンズ」

100
野球シーズンは終わったというのに、またドラゴンズ。
今度は競馬場とドラゴンズがコラボレート。

この日の中京競馬場のメインレースは中日新聞杯。 中日新聞の社杯レースとあって、そのタイアップで競馬場でドラゴンズの岩瀬・荒木・渡辺の各選手がトークショーを開催とのこと。

中日ファンで競馬ファンならばこんな面白そうなイベントに行かない手は無い。 というわけで、行ってきました。

競馬場に行くのは約二週間ぶり
JRAの競馬場へは二ヵ月半ぶり
中京競馬場へは半年振り
やっぱり競馬場っていいところだなぁ。

昼休みの30分ほどのあいだに3選手のトークショー。 メインレースの発走前にはチアドラゴンズがナゴヤドームでおなじみの「燃えよドラゴンズ」のダンスを披露。 レースの表彰式には3選手に加えてドアラ・シャオロン・パオロンまでも登場。 もう、主役は馬なのかドラゴンズなのかわからなくなるくらいの演出でした。

トークショーで各選手が宣言した「来期こそは日本一」の言葉、かならず実現してくれることを期待してます。

(写真:シャオロン・渡辺・岩瀬・チアドラ・荒木・ドアラ・パオロンが表彰式に参加)


October 23, 2005

SESSION #096 「第66回 菊花賞」

096菊花賞を観戦すべく京都競馬場へ。

今から13年前、自分が初めて京都競馬場に行った時も今日と同じ菊花賞の日。

あの時もミホノブルボンという馬が無敗の三冠へ挑んでいたのでした。

結果は残念ながら2着に敗れ三冠ならず。

帰り道はまるでお葬式のあとのような気分で家に戻ったのを今でもよく覚えています。

そして今年、あの時以来となる無敗の三冠に挑戦するディープインパクトという馬が登場。 しかし、その13年間のあいだに自分はすっかりアンチ強い馬になってしまっており、「三冠達成の瞬間をぜひこの目で見てみたい!」という気持ちはどこかに無くしてしまってました。

終わってみれば2馬身差の圧勝で、見事に三冠達成。 穴狙いの馬券もディープインパクトの単勝馬券も両方買ってしまうという我ながらよくわからない行動に出てしまい、レース中は何を応援すればよいのかサッパリわからないままの3分間。

ゴールイン後は、馬券はまったく儲からない結果ながらも歴史的瞬間に立ち会えたことにちょっとホッとしている自分がいました。 やっぱり、この結果でよかったんですよね。

(写真:表彰式でのディープインパクトと武豊。 京都競馬場にて)


October 21, 2005

SESSION #095 「菊の季節に」

095スポーツ新聞やスポーツニュースならまだしも、一般紙や普通のニュースで競馬の調教が取り扱われたことって今まで無かったんじゃないでしょうか。

注目を集めたのはもちろん、ここまで無敗で勝ち進んできたディープインパクト号。

今週末の菊花賞にむけた、その最終調教が行われた滋賀県の栗東トレーニングセンター。 詰め掛けた報道陣の数は過去最多だったらしいです。

かく言う自分も幸運なことに、この調教の一般公開の見学に応募したところ見事に当選し、その様子を目の当たりにすることができました。

ちなみに競走馬の調教が行われるのは平日の早朝。 この日の見学者の集合時間は午前5時40分。 それに間に合わせるために自宅を出たのは午前3時半のこと。 レースならまだしも、調教を見るためだけにこの時間に出かけるというのは、もはや常軌を逸してますね、われながら。

勝てば11年ぶりの三冠馬。 無敗での達成となると1984年のシンボリルドルフ以来の21年ぶり。 ちょっと今回のこの騒動はJRAが煽っているような感も否めなくはないけど、それでもせっかくこれだけ話題になっているレース。 達成だろうが、失敗だろうが、どちらにせよ楽しみであるには違いなし。

出走は10月23日の午後3時40分。 果たして、その結果はいかに。


余談ですが、この調教の見学のあと、参加者に抽選でプレゼントの当たるジャンケン大会なるものが行われ、そこで安藤勝己騎手のサイン入りポスターと、今週土曜日の京都競馬場の来賓席の招待券を見事に当ててきました。 馬券と関係ないこういうところでいつも運がいいのがわたくしの特徴だったりします。

さらに調教の見学のあと体験乗馬というイベントもあり、そこで懐かしのオンワードアトゥ号に騎乗してきました。 こちらも良い体験でした。

(写真:菊花賞にむけて追い切るディープインパクト。 JRA栗東トレセンにて)


October 18, 2005

SESSION #094 「競馬と、野球と、音楽と」

10月18日 天気は雨のち曇 仕事はお休み。
この日の予定は夕方から予定されている草野球。

その草野球が行われるのは名古屋市港区の土古公園野球場。 この球場は名古屋競馬場のすぐ隣という素晴らしいロケーション。 さらにここからすぐ近くにはよくバンドの練習に使っている楽器屋さんのスタジオもあり。

この日は競馬はちょうど開催日。 最終レースは16時20分出走で、草野球は16時半に集合。 終わるのがだいたい20時くらいからだとして、すぐに移動すれば楽器屋さんの閉店する22時まで2時間ほど楽器の練習もできそうではないですか。

仕事が休みなのをいいことに一日がかりで、競馬→草野球→楽器の練習 なーんてことも出来そうだなぁって思ってしまうのがわたくしのいい所なのか悪いところなのか。 自分でもちょっと無謀かなと思いつつ、よせばいいのに車に競馬道具・野球道具・楽器の一式をすべて詰め込んで昼過ぎに出発。

で、無事に全日程を終了させて家に帰ってきたのは23時半。 さすがにやっぱり疲れ果ててヘロヘロです。 なお競馬場での戦績はマイナス2000円。 草野球の戦績は三振ひとつに、ピッチャーゴロがひとつに、デッドボールがひとつと、ノーヒット。

この時期はスポーツの秋とも芸術の秋ともいわれてますけど、欲張って何にでも手をだすとあまり身にならないと。 身をもって実感した一日でした。