Posts categorized "スポーツ"

March 23, 2009

SESSION #177 「関西へ出掛ける」

平日ながらも仕事はお休み。

家のテレビでゆっくりWBCでも観ていればいいようなこんな日、天気もいいのでフラっと関西にお出掛け。

まずは、3月といえばココ。
177

甲子園球場でセンバツを観戦。

大型リニューアルの終わった新・甲子園球場の様子はいかがなものか、と。

当初の予定では今日は大会3日目で、PL学園・箕島・慶応らが出てくる注目の日のハズだったのだけども、前日の試合が雨で順延に。

観戦したのは、報徳-高崎商、清峰-日本文理、福知山成美-国士舘の3試合。

第一試合の途中に到着し、第二試合は最後まで観戦。

第三試合は、成美の投手がなかなかよかったんで最後まで見たかったけど、この後の予定もあったため途中で退席。

阪神電車に乗って、難波に移動。

そう、ほんの3日前に阪神電車が難波への乗り入れたので、せっかくの機会だからこれに乗ってみようと。
177_2
 (写真は記念ヘッドマークをつけた新1000系)


それにあわせて阪神と近鉄との直通運転も開始されたので、甲子園駅の乗り場の案内看板にも「梅田・尼崎・難波」方面に続いて、「名古屋・伊勢志摩」方面の表記が追加されておりました。

なお、新規開業となった阪神なんば線の途中には大阪ドームへの最寄駅となる「ドーム前」駅もあり、プロ野球シーズンなら甲子園と大阪ドームをハシゴするのも簡単になりました。

で、難波に着いての目的地は大阪府立体育館。

三月といえば、大相撲三月場所が大阪で開催中。
177_3

満員御礼こそ出ていないけども平日としては上々の客入りか。

結びに組まれた、把瑠都・朝青龍の取り組みは期待に違わぬ大一番(写真のやつです)。


とりあえず、この春の関西での注目行事にはひととおりの参戦が完了。

プロ野球の季節がきたら、競馬のG1のシーズンがきたら、たぶんまた遊びに行きます。


March 08, 2009

SESSION #176 「高橋尚子の笑顔」

名古屋の春の風物詩、名古屋国際女子マラソンの日。

天気もよかったので沿道で観戦。

オリンピック・イヤーで無いにも関わらず、例年よりもなんだか観戦している人が多いのはやはり「ありがとうラン」に臨む高橋尚子を見たいがためなんだろう。

ここ数年、テレビや新聞で目にする高橋尚子からは、シドニー五輪の頃のような明るい表情を見ることは無かったのだが、今日の走っている姿は本当に楽しそうで、それを見る沿道の人たちもみな一様に笑顔だったのが本当に印象的だった。

かつて日本では、寡黙で努力家で根性があり困難を乗り越えて、その先に涙のゴールが待っているという、いわば「あしたのジョー」のようなアスリートが美徳とされていた。

しかし、高橋尚子がシドニー五輪で優勝しその直後のインタビューで答えた

 「すっごく楽しい42キロでした!」

という言葉によって、長距離競技は苦しく困難を乗り越えることが目的であったような時代の終焉をむかえ、「スポ根」というは過去のものになったのだと思う。

事実、その五輪のあとからは走ることを楽しみとする「市民ランナー」という人たちが激増したわけだから。

当時は異論もあった国民栄誉賞も、今日の笑顔の走りを見た人ならばおそらく否定的に思う人はほぼ皆無であろう。

マラソン選手としてのピーク期間は短かったかもしれないが、これほど国民に影響を与えるようなランナーはもしかしたらもう出てこないのかも知れない。

早春の名古屋で見た高橋尚子の笑顔はそれほどまでに明るく、まぶしかった。
176


けど・・・やはり自分は長距離走は苦手である。

どれだけ走っても「すっごく楽しい・・・」という気持ちは、おそらくわからないだろうなぁ。


February 28, 2006

SESSION #106 「激走!オートレース」

106仕事の休みに浜松までオートレース観戦旅行へ。

けど、オートレースっていったい何だ?

SMAPの森くんがいなければその名前を知らなかった人がほとんどだと思う。

鈴鹿サーキットとかで行われるモトGPとか8耐とかバイクレースとはまったくの別物。

要は競馬や競輪や競艇と同じ、公営ギャンブルのひとつ。 それがオートレース。

8台のバイクがよーいドンで走り出し、楕円形のコースを6周してゴールする順番を当てればいいわけだ。

自分もいままで競馬・競輪・競艇の3つは観に行ったことがあるんだけど、オートレースだけ無し。 だって普通に考えて観に行く機会が無いんだから。 同じ公営ギャンブルでもあまりにマイナー。

そんなわけで、公営ギャンブル愛好家として一度くらいは見ておかなきゃならんだろうと思い、自宅からいちばん近いオートレース場である浜松オートへ突撃をかけた。

到着するなりいきなりバイクの爆音にビビる。 おおっ、本当にバイクが走ってるよ。 これがオートレースか。

まずは専門誌を購入し目を通すが・・・なんじゃこりゃ? 読み方がさっぱりわからん。 しかたが無いので新聞に書かれた予想を参考に買ってみる。

と、いきなり3レース目でこれが的中。 新聞の予想印のとおりの結果なのに三連単で70倍の高配当。 この一撃でこの日のプラス収支は確定。 まったくよくわからないまま初体験のオートレースは勝利で終了。

それにしても、これは・・・本当によくわからんギャンブルでした。 国内にあるオートレース場はあと5カ所。 とりあえず、このさき再びオートレースに行くことはあるのだろうか? 元SMAPの森くん見たさに川口オートくらいは行くのだろうか?

今後のことはどうなるかわからないけど、この日はオートレース場からすぐ近くの「うなぎパイ本舗」にてうなぎパイ工場を見学し家路へ。 やはり浜松といえばおみやげはうなぎパイだ。

(写真:このヘンテコなバイクが走るのがオートレース。 浜松オート場にて)


January 18, 2006

SESSION #104 「湖上の決戦」

104
別名は「水上の格闘技」。
と、言えば競艇のこと。

職場の人たちと一泊二日で浜名湖までの旅行があり、せっかくの機会なんで浜名湖競艇場へと足を運んでみました。

とりあえず、その施設の立派さに驚嘆。

スタンドの大きさもですが、その外観は裏側から見るとそれこそまるでホテルかショッピングモールのよう。 これは中央競馬とまともに張り合えるくらいの設備ですよ。

あと、競艇場全般にいえることなんですが、客のレベルというか、質が高いですよね。 よくギャンブル場にいるような酔ったようなヘンなオッサンはいないし、床に落ちているゴミが明らかに少ない。 警備員の数も少ないのに治安は競馬や競輪よりも良さそう。

今回はSGやG1ではなかったんですが、かなりの数のお客さんが入ってる。 それなのに、選手に対して罵声を飛ばしたりすような客もいない。 おそるべし、競艇場。 中央競馬以外では公営ギャンブル最強は間違いなく競艇でしょうね。

いちどに18頭も走る競馬に対して、競艇は6艇。 だからもちろん舟券も当たりやすい。 それなにの自分も含めた同行者5人、この日の収支は全滅。 だって、もっとも不利とされる6コースばっかり来るんだもん。 朝から大荒れの一日で大変でしたよ。 やはりおそるべし、競艇場。

それから、浜名湖といえばウナギ。 競艇場の食堂のメニューにももちろん鰻丼はあり。 お値段は600円ナリ。 公営ギャンブル場のメシは得てして美味いもの。 もちろんここの鰻丼も600円とは思えない美味さでありました。

(写真:スタート台の大時計と進入するボート。 浜名湖競艇場にて)


November 01, 2005

SESSION #097 「今度は卓球だ」

097プロ野球は日本シリーズが終了。

メジャーリーグもワールドシリーズが終了。

次いで、自分たちの草野球もシーズン終了。

野球の季節は終わりですね。

その野球がお休みのシーズン。 なぜか知らないですけど、草野球チームのメンバーが卓球をやろうと言い出しました。

実はこちらも、昔ちょっとだけなら卓球はかじったことはアリ。 それならばまんざらでもなし。

もともと草野球のメンバーなんてスポーツ好きなやつらが多いので、いざやるとなったら本格的。 やるのは「ピンポン」ではなくあくまで「卓球」。

その日のうちにみんな卓球専門店に行ってマイ・ラケットを作ってきてるじゃないですか。 1000円くらいの安物ではなく、1万円くらいの本格的なやつを。

自分ももちろん負けるわけにはいかず、すぐにラケットを買ってきました。 ここはこだわりで、スウェーデンの誇る名選手、ワルドナー氏のシグネイチャー・モデルで。

楽器にしても野球道具にしても、こういうプロ仕様ってのが大好きなんですよね。 とりあえず、草野球がお休みの冬の間はこのラケットで奮闘の予定。 対戦相手または練習相手、いつでも歓迎!

ちなみに買ってきたラケットはこんなのです。

(写真:新たに購入した卓球のラケット。 メイド・イン・スウェーデン)


September 19, 2005

SESSION #090 「オールスター (GI)」

090オールスターと言っても野球にはあらず。

GIと言っても競馬にもあらず。

出掛けてきた先は、野球場でも競馬場でもなく、競輪場。

名古屋市中村区にある名古屋競輪場は、むかし自分が通っていた高校から歩いて5分ほどの場所にあり、社会人になってからも何度か遊びに来たことのある、自分にとってはわりかし馴染みの深い場所。

ちなみに、競輪のGI競走を生で観戦するのはこれが初めて。 競馬場に比べて、競輪場はお客の年齢層は高く、どちらかといえば閑散としたギャンブル場って感じのイメージを持っていたのですが、やはり普通開催とGIではまったく違っておりました。

場内の混み方がとにかくすごいし、若い客も多いし、歓声や罵声の大きさもすごい。 なるほど、一日の入場者1万人超も、5日間の売上げ200億円も伊達じゃない。 さすがは公営ギャンブルの雄、恐るべし。

競輪は隊列や展開の筋道を考えての予想が基本なので、ある程度基本的なことがわかればそれなりに車券は買いやすい。 少なくとも莫大な量のデータを闇雲にあさるような予想の仕方で競馬をやるよりは当たるはず。 当たるはずなんだけど・・・なかなか上手くいかず。

不確定な要素が遙かに多く、人為的な要素が少ない競馬の予想のほうが難しいはずなんだけど、自分にはやっぱり競馬のほうがむいているのかな?

朝から一日、取ったり取られたりで結局この日の収支はプラス6000円ほど。 惜しむらくは肝心のメインレース、第48回オールスター競輪・決勝をハズしてしまったこと。 まったくノーマークだった競輪界の王者・神山雄一郎の貫録勝ちを見れたことはいい勉強にもなり、いい思い出でもあり。

(写真:オールスター競輪の名古屋競輪場)


November 21, 2002

SESSION #011 「わが心のアルゼンチン」

W杯の年最後のサッカー日本代表の試合となった20日に行われたアルゼンチン戦。 Jリーグの観客動員数がほとんど頭打ちという状態なのに、この親善試合の観客数はなんと六万人を越えるというのだからこの国のサッカー人気というのはいったいどの程度のものかという疑問も沸いてはくるんだけども、日本代表は中田ら主力を欠きつつも世界に名だたるアルゼンチン代表がほぼフル代表を揃えての来日とあればまあやっぱり観に行こうかなと思うのがサッカーファンの心情なんでしょうね。

さてさて、かく言う自分もサッカーファンの端くれとしてこの一戦は大いに楽しみにしていました。 何をかくそうボクは小学生以来ずーっとアルゼンチン代表を応援しているのだから! たとえ非国民とののしられようが、ことサッカーに関しては相手が日本代表であろうと絶対にアルゼンチンを応援というスタイルだけは崩さないです。

ボクが初めてアルゼンチンのサッカーを目撃したのは1986年のW杯メキシコ大会。 夜中のNHKで偶然目にしたマラドーナを要するアルゼンチン代表の試合、それは当時の愛読書だったマンガの「キャプテン翼」よりも強烈な、今までまったく見たこともないようなサッカーでした。 Jリーグなんてものはまだなく、ましてや日本代表がW杯に出場するなんてことはまったく想像できなかった時代のお話です。 数日後、親に頼んで買ってもらった「マラドーナ」とプリントされたトレーナーを着て学校に行っては「サッカーといえばやっぱりアルゼンチンだぜ!」と、キャプテン翼フリークの友人たちに吹いてまわった小学校時代の思い出。

時は流れ日本でもJリーグなるプロのサッカーリーグがスタートし、1998年のW杯フランス大会では日本代表も悲願の初出場を果たすことに。 その日本代表の初戦の相手となったのもあのアルゼンチン。 初出場を決めたことにマスコミも浮かれていたのか当時は「アルゼンチンに勝てる」といった風評が強かったような記憶があるんだけども、何をどうやったら初出場の日本が"あの"アルゼンチンに勝てるんだ?ってのが当時のボクの率直な気持ち。 結果は1-0で日本の惜敗。 この結果にボクはなんとなくホッとしたような、むしろ正直なところアルゼンチン相手に負けて本望って感じでした。 日本のW杯の初めての失点がバティストゥータによるものであったのはむしろ誇りに思ってもよいものですよ。

今年行われたW杯日韓共催大会、せっかく日本でW杯が行われるからにはアルゼンチン戦を観に行こう、と思い一週間ほど徹夜でインターネットに向かい苦労の末アルゼンチンvsスウェーデンのチケットをゲット! 試合会場の仙台まで高速道路を車でとばすこと約10時間、ついに憧れのアルゼンチン代表の試合を、それもW杯という最高の舞台で観戦。 が、ご存知のとおりこの試合は引き分けに終わり、16年かけて追い続けついに生で観れたアルゼンチン代表の試合は実に40年ぶりとなるアルゼンチンの一次リーグ敗退が決まった試合になってしまったのでした。

今回の日本代表対アルゼンチン代表の親善試合、結果は2-0でアルゼンチンの勝ち。 まぁ順当といえば順当、当然といえば当然の結果。 ボクも日本人である以上日本代表の健闘を期待しつつも、心のどこかでは日本がボロ負けするような試合になるようなことも期待していたりして・・・ 2-0という結果にある程度納得し、やっぱりアルゼンチンは強いなってことを再確認。 ちょっと自虐的だけど日本代表の敗北に何ともいえない心地よいような複雑な感情を抱きつつ、気が早いけど四年後のW杯での両チームの活躍を今から期待。

いつか日本代表もアルゼンチン相手に堂々と肩を並べれるくらいのチームになって欲しいものです。 もしそういう時が来たとしてもやっぱりボクはアルゼンチンを応援しているんだろうけど。