« SESSION #198 「香港旅行記 音楽編」 | Main | SESSION #200 「南国・宮崎でプロ野球を観た!」 »

July 28, 2011

SESSION #199 「香港旅行記 競馬場編」

香港の競馬といえば、毎年の12月に行われる香港国際競走など、日本でもかなり有名。

せっかく香港に行ったからには、ぜひ見ておきたい香港の競馬場。

今回の香港旅行はあくまで演奏に行くのがメインであり、しかも2泊三日の強行日程。

リハーサルなどの都合も含めて団体行動の時間がほとんどのため、個人的な観光に費やせる時間はごくわずか。

それでも、何とかしてでも競馬場へ行こうとしたのだが、香港は気候の関係で7月・8月の2ヵ月間は暑さのため競馬はお休みであることが判明。

うーむ。

たとえ開催はしていなくても、どうせならば競馬場だけでも見ておくか。 調べてみると、香港にある2つの競馬場のうち、比較的市街地にあるほうの競馬場には博物館も併設されているようで、非開催日も無料で観覧ができる事もわかった。

そうとなれば、即行動。

2泊三日の二日目の朝。 早々と宿を出て、地下鉄と路面電車を乗り継ぎ向かった先は香港島の真ん中ほどにあるハッピーバレー競馬場。 日本では国際競走が行われているもうひとつの沙田競馬場のほうが知名度が高いかもしれないが、こちらは100年の歴史を持つ香港競馬の中心地である。
Img_8128

競馬場の内馬場は運動公園になっており、サッカー場やランニングコースが設けられているため、競馬開催が無くても自由に出入りはできる。 走路をぐるっと一周をしたのち、メインスタンドにある競馬博物館へ。

Img_8133

エレベーターで博物館の入り口へ向かうと、いきなり入り口で係員に呼び止められる。

英語で
「ここは競馬の博物館ですけど大丈夫ですか?」
みたいに尋ねられた。

どうやら、へんな観光客が何も知らずに食堂か何かと勘違いして入ってきたと思われたようである。

すかさず、こちららも

「香港の競馬場を見るため日本から来ました。 インディジェナスや、フェアリーキングプローンや、サイレントウイットネスなどの香港の競走馬のことはよく知ってますし、バジル・マーカス騎手やダグラス・ホワイト騎手も日本でいつも応援してますよ」

と、答える。

「失礼しました。 入場無料ですので楽しんでいってください。」とのご案内。

日本の競馬ファンも舐められずにすみました。

博物館自体はそれほど広いものではなく、展示物も少なめだけど、ここ100年で大きく発展した近代競馬の歴史は日本ともよく似ており興味深く、見れば見るほどやっぱり開催日に来たかったなぁ、との思いは高くなるばかり。
Img_8123

次こそは、必ずこの競馬場で馬が走っていう時に来てやると決意した、初めての香港競馬でありました。


« SESSION #198 「香港旅行記 音楽編」 | Main | SESSION #200 「南国・宮崎でプロ野球を観た!」 »