« SESSION #180 「SLやまぐち号は遥かなり」 | Main | SESSION #182 「大相撲名古屋場所・千秋楽」 »

July 25, 2009

SESSION #181 「ガンダム祭 潜入!」

名古屋は金城埠頭にて行われている「ガンダム生誕30周年祭」へと出掛ける。

昨日からの金土日の3日間の開催で、連日それぞれ豪華なゲストが来るといのだが、GACKTが富野監督と対談を行うという二日目となる本日に出撃。
181_1

 「前線でラブロマンスか。 ガルマらしいよ‥お坊っちゃん」

と、シャアの声も聞こえてきそうだが、Gacktが見れるのならばと嫁も同行。

Gacktのトークショーが11時半からなので一時間も前に会場に着けばまあ何とかなるだろうという目論みで現地に到着したのだが・・・すでに入場待ちの長蛇の列。

聞くところによると前日は平日にもかかわらず開場時に4000人の行列、今日は徹夜組もいるらしい。 みんな限定品のプラモを買うのが目的らしい。

 「あ‥アムロの親父さんみたいなプラモオタクがここにこなければ僕らは…」

とりあえず、入場券を持って列の最後尾を探すが・・・いったいどこだ?

ああ! アムロ!ここはどこなの?!

 「ここを500メートル行ったら左へ90度曲がってください」

というニュータイプな声が聞こえたわけではないが、行列はすでにポートメッセを一周している!

 「冗談ではない!」

雨こそ降っていないのが幸いだったが、かなり暑くてグッタリ。 嫁もちょっと機嫌が悪そうだし。

 「これでGACKTが見れなければ、おめでとうってとこだな」

内心でつぶやく。

結局、一時間以上並んでようやく開場に入る。

終わりがけだったけども、お目当てのGACKTと監督の対談も聞けたし、最後にはGacktの掛け声で場内みんなで「ジーク・ジオン!」
181_2

って、いったいどんなイベントだ?これは。

その後、場内を散策し、会場限定「タムラ料理長の塩が足りないランチ」を食べようとしたが残念なことに売り切れ。 で、味噌カツ丼を食す。
181_3


自分は場内限定のプラモやグッズの販売はおそらくすごい人だろうし、展示物がちょっととステージが見れればそれでよしと割り切っていたのだが、それが正解だったかもしれない。

とにかくモノを買うには並ぶしかない。 しかも4時間・5時間は当たり前。

さらに限定品はすぐに売り切れるし。

 「やってやる‥いくら行列が長くたって!」

という人でなければ無理だなぁ。

わたくしはお土産のひとつも買えませんでした。

黒ゴマ団子「黒い三連星」はちょっと欲しかったのですが。
181_5

特設ステージでのイベントを観ているぶんにはけっこう楽しいかったです。

本日、午後からの「ガンダム主題歌フェスティバル」には、川添智久、鮎川麻弥、米倉千尋などが出演し、初代・V・G・W・X・08の主題歌とエンディングを披露。

場内の大型ビジョンにそれぞれの作品の映像も映し出されるのだけども、Gガンダムの際にはさすがに場内から失笑も。

あと、鮎川麻弥が来ていたのに「Z・刻を越えて」を歌わなかったのはニール・セダカとの契約の関係? こちらはちょっと残念。

限定品の販売や展示物目当てだけで行った人にはかなり厳しいイベントだったかも知れませぬ。

あ、それから場内にはかなりお子様連れの人たちがいました。

子供向けのイベントがあるわけじゃないけど、実物大のガンダムやZのコックピットに座れて写真を取れるというアトラクションがあって、無邪気に喜んでコックピットに乗っているお子様たちは微笑ましかったです。

 「初陣にはやや若すぎるが古来5、6歳のオタクがいなかったわけではない」

これを大人がやっているのは、それはそれで微笑ましかったです。

なお今回の展示物の目玉、実物大のシャア専用MS-06ザクの頭部はなかなかの見ごたえアりでした。

モノアイの動きがなかなかグッドです。
181_4

« SESSION #180 「SLやまぐち号は遥かなり」 | Main | SESSION #182 「大相撲名古屋場所・千秋楽」 »