« October 2008 | Main | December 2008 »

November 2008の記事

November 24, 2008

SESSION #169 「九州へ上陸する」

169野球のシーズンでも無く、競馬が目的でも無く。

独身時代とは違い、結婚してからは旅行というと、普通に観光が目的の旅行をすることの多くなった自分。

二泊三日で九州へ旅行に出掛ける。

もちろん、今回だって野球も競馬も無しの旅だ。

だが、この時期の九州といえば大相撲九州場所が開催中。

過去に、両国、名古屋場所、大阪場所での観戦を経験している自分にとっては、この九州場所の観戦を終えれば国内4場の相撲観戦が完了する。

というわけで、大相撲観戦を絡めた九州3日間の旅。
169_4
行ってきた先は、
 福岡県
・門司港
・太宰府天満宮
・大相撲九州場所

 熊本県
・熊本城
・阿蘇南鉄道 立野鉄橋
・阿蘇山 中岳の火口

 大分県
・宮地 阿蘇神社
・豊後竹田 岡城址
・別府温泉
・地獄めぐり
・サンリオ ハーモニーランド

169_3
以上の九州北部の3県。

利用した主な乗り物は、
・ANA B737-500
・新幹線0系「こだま」
・特急「ソニック」
・特急「有明」
・快速「あそ1962号」
・特急「九州横断特急」
・西鉄特急8000系

新幹線0系は来週をもって完全に引退するのが決まっているので、おそらくこれが最後の乗車となるだろう。

また、自分でも意外なことに、大分県は今回が人生で初の上陸。 そういえば、北海道は過去に何度も行っているのに、九州へは3度くらいしか行った事が無かったりする。 だが、やっぱり行ってみると九州だって観光力は北海道に決して負けてはいない。 九州南部の宮崎・鹿児島・沖縄の3県は野球と競馬場が無いために未だに行った事がないのだが、次はこのあたりにも行ってみようか。

169_2
この写真は大分県竹田市の岡城址。
かつて滝廉太郎は若かりし頃住んだこの街のこの城跡を思い出して、名曲「荒城の月」を作曲したという。 今は紅葉の季節だったが春には桜も美しく、まさしく「春 高楼の花の宴」を実体験できる地。
一般にはあまり観光地としては知られていないが、訪れた中では特に印象に残った。
たくさんの城郭址の石垣がほぼ完全な形で遺されており、城マニアとしては必見のスポットでもある。

November 17, 2008

SESSION #168 「エリック・マリエンサル」

168毎年、春と秋の年2回、自分の所属している社会人のジャズバンド、レア・サウンズ・ジャズオーケストラのコンサートが開催される。

色々な縁もあり、海外の本当に一流のミュージシャンを毎回ゲストに迎えてのコンサートなのだが、サックス奏者のエリック・マリエンサルを迎えて今年の秋のコンサートが昨日、開催された。

マリエンサル氏といえば、チック・コリアのエレクトリックバンドで世界的に一躍有名になり、最近はゴードン・グッドウィンのビッグバンドの看板奏者でお馴染み。

しかも、わがレア・サウンズにとっては昨年の春にも共演しており、まさかこれほどの売れっ子なミュージシャンとこんな短期間のうちに二度も共演できるとは!

そう、なにを隠そう、かつてフュージョン少年だった自分にとって(今もフュージョンおじさんなのだが)、彼は学生時代からのあこがれのサックス奏者の一人でもあるのだ。

エリック氏のサックスの凄さは何度もCDで聴いているので十分にわかっているつもりだったのだが、やはり目の前で見るその姿はCDのそれとはわけが違う。 わずか一度のリハーサルで初見の曲もしっかりと把握し、素晴らしいアプローチでアドリブを吹きまくる。 彼と同じ曲でソロを吹いたのだが、もう本当に感心しまくりでした。

そして、彼の素晴らしさは演奏だけでなく、その人柄にも表れているのだ。 リハーサル後、自分の控え室に帰らず、我々のバンドメンバーの控え室でずっと談笑してくれるし、終演後の宴会の席でもとにかくよく笑い、色々なことを話してくれる。

我がバンドのサックス隊の使っている楽器やマウスピースのこと、チック・コリアのエレクトリックバンド時代のこと、ライブ・アンダー・ザ・スカイで来日した時のこと、ゴードン・グッドウィンのバンドのこと、などなど・・・

持っていたエレクトリック・バンドの楽譜にサインをしてもらったのだが、そこにメッセージが。

 Have you placticing this music !

 You have to play this wholebook !

しっかりとこの言葉どおり練習に励みます。

もし、またいつか、3度目の共演の機会があれば、少しでもサックス吹きとして成長した自分を、あこがれのマリエンサル氏に見せたい、と。 そんな事を思った一日でした。

感激のコンサートから一夜明けた今日は朝から、チック・コリア・エレクトリックバンドのアルバム「EYE OF THE BEHOLDER」を流し、氏のサックスを聴きまくり。

やっぱり、カッコイイ・・・
168_2
↑とにかく、たっくさんサインを頂きました。 ミーハーですみません

« October 2008 | Main | December 2008 »