« SESSION #159 「交流戦のシーズン」 | Main | SESSION #161 「高校野球が始まる」 »

June 27, 2008

SESSION #160 「パノラマカーがいなくなる」

160今月に入ってから、名鉄電車の沿線や駅のホームでカメラを構えている人をよく見かける。

みんなのお目当ては7000系、いわゆるパノラマカーだ。

名鉄沿線で育った人にとっては、みんなこの特徴のある電車には何らか少しは思い入れがあると思う。

登場したのが昭和34年だから、約半世紀前。

自分の父親がまだ高校生だったころだ。

名鉄電車のイメージカラーともいえる赤色も、あのミュージックホーンもこのパノラマカーから始まったものだし、先頭の展望車には子供時代にきっとみんな一度は座りたいと思ったはず。

そのパノラマカー、あさってに名鉄はダイヤ改正をひかえており、この改正で現存するパノラマカーの大多数が廃用になる。

来週からのパノラマカーは絶滅危惧の希少車だ。

このことが少し前の中日新聞に掲載されてから、鉄道マニアもそれ以外の人も、あちこちでパノラマカーにカメラを向けるようになった。

パノラマカー名物の先頭車両の展望席は、休日にもなるとマニアかチビっ子たちに占拠され、みんなビデオカメラで展望席からの風景を録画している・・・と、とにかく何か大変な状況になっている。

名鉄は来年度でパノラマカー全廃の予定と公表しているが、今年の12月にもう一度ダイヤ改正をするみたいなので、おそらく予定前倒しで今年の末でパノラマカーは完全にいなくなるだろう。

現在の時点でこれだけの加熱しているんだから、全廃の時にはいったいどれだけな騒ぎになるんだろうか・・・とちょっと心配になってくる。

今日は仕事が休みだったので、カメラを持ってちょっと出かけてみた。

ちょうど駅のホームで遭遇したパノラマカーを撮影。

カメラ歴は長い自分だけども、鉄道写真というのはほとんど撮ったことは無かったのだが、うーん、まあこんなもんか。

「撮り鉄」の人たちに言わせると、なんか色々とあるのだろうけども。

帰りの際、先頭車の席が空いていたので、迷わず座ってみた。

なんだか少年時代に帰ったような気分になれるかな・・・と思ったけども、仕事がら似たような光景を毎日みているような気もしたのだけども。
160_2

« SESSION #159 「交流戦のシーズン」 | Main | SESSION #161 「高校野球が始まる」 »