« SESSION #153 「ドバイは魅力的な都市なのだが…」 | Main | SESSION #155 「野球のチケットをいただく」 »

February 29, 2008

SESSION #154 「旅の最後はナド・アルシバ」

155_4904
もうドバイへ行っていたのは二週間も前のことなのですが。

これだけは書かないわけにはいかないので、ドバイの競馬場のことを。

競馬ファンならば、おそらくほとんどの人が知っているドバイのナド・アルシバ競馬場。

今回の旅行で、ちょうど運の良いことにドバイ滞在日と競馬場の開催日が重なったので行くことができました。

当初、競馬場で夕食をとる(ドバイの競馬場はナイター開催)という予定で、地元のツーリストにディナー付きの指定席スタンドを申し込んだところ予約でいっぱいということで、それならば指定席のみでということで、ミレニアム・グランドスタンドのラウンジシートの予約をとったのだったが。

いざ、スタンドの席へとむかってみると、そこはおシャレに着飾った白人たち(まちがいなくイギリス人だ!)の社交場で、東洋人などは自分たち夫婦のみ。

みんなラウンジでお酒を飲み、レースの時間になるとコースの見えるテラス席へ移動して競馬を見物するという場所。

こりゃ、競馬場ではなくサロンじゃないか。

こ、これは失敗した。 わざわざ日本で競馬を打つ時と同じく新聞を片手にハンチング帽をかぶって乗り込んだ自分はあきらかな場違い。

もしかして、間違えてディナー付きの席が予約できちゃってたら、いったいどんな世界に放り込まれていたのかと思うと、ちょこっとだけホっとしたわけですが。

なんとなく、競馬駆け出しのころエプソムとかロイヤルアスコットとかのイギリスの貴族競馬に憧れた事もあったけど、そんな場所に日本人が入ろうものならば即座に異端の目で見られてしまうということがハッキリとわかりました。

もし、この環境をプレッシャーの思わない日本人がいたとしたら、それはよっぽど高貴な家にお生まれのかたか、それかただのバカかのどちらかに間違いない。

一昨年の凱旋門賞のとき、ディープインパクト騒動でフランスのロンシャン競馬場で大騒ぎをした日本人はいったい何を競馬場で感じ取っていたのかをちょっと知りたくなったが。

で、そんな居心地の悪いラウンジからは退散して一般席に陣取ってレースを見てたんですが、隣の席に座っていたアラビアンなおじさんが笑顔で、「ニーハォ!」と挨拶してくるので、「ジャパニーズだよ!」と言ったら、「オレはイラン人なんだけど日本が大好きだよ」と言って、お菓子をくれました。

はやり、競馬場はこういう人たちがいる場所のほうが居心地がいい!

この日のメインレースはUAE2000ギニー(G3)。

勝ったのはオナーデビルという馬。

いずれこの馬が、UAEダービーを勝って、いつかジャパンカップで日本に遠征してきてくれたら、ちょっとうれしいかも。

そんなことを考えるヒマも無く、このレースの4時間後には自分は日本に向かう飛行機の中。

そして、中部国際空港につくなり、あの忌まわしい検疫でのインフルエンザ事件へと続き、この旅は幕を閉じるのでした。

(写真はメインレースUAE2000ギニーのゴール前)

« SESSION #153 「ドバイは魅力的な都市なのだが…」 | Main | SESSION #155 「野球のチケットをいただく」 »