« SESSION #134 「3年目の交流戦」 | Main | SESSION #136 「南洋に浮かぶ祈りの島」 »

July 22, 2007

SESSION #135 「名古屋場所 千秋楽」

135今年の大相撲・名古屋場所は50周年となる記念の場所。

毎年ならば平日に当日券で何日か観に行くのに、今年は仕事の都合がつかず、けっきょく行けたのは二ヶ月前から買っておいた本日の千秋楽のみ。

地元・愛知県出身の琴光喜が快進撃を続けるという大盛り上がりの場所を、ほとんど応援に行けなかったのがなんとも心残りでした。

初日に朝青龍がまさかの不覚を取り出遅れた中、新横綱の白鵬と大関に挑戦する琴光喜の二人が引っ張るという珍しい展開だった今場所でしたが、終わってみれば優勝は朝青龍。

これで名古屋場所は4年連続優勝。
やっぱり強かった!

千秋楽の目玉となったのは4年ぶりに実現となった横綱同士の対戦。

前回の横綱対決は武蔵丸vs貴乃花だったので、ずいぶんと時代が流れたもんです。
それからの間、一人横綱として強さを示し続けた朝青龍の貫禄か。

白鵬も琴光喜も、朝青龍にくらべるとまだまだなんでしょう。
琴光喜には来場所、新大関での優勝に期待です。

現状では、朝青龍を倒さないことには優勝は無理ですからね。

(写真:優勝パレードで手を振る朝青龍 愛知県体育館にて)

« SESSION #134 「3年目の交流戦」 | Main | SESSION #136 「南洋に浮かぶ祈りの島」 »