« July 2006 | Main | September 2006 »

August 2006の記事

August 21, 2006

SESSION #116 「”終わらない夏”が終わった」

116行こうと思っていたけど行けなかった。

行きたいとは思っていてもなかなか都合がつかなかった。

今年の夏、一度も甲子園に脚を運べなかったのを悔しく思っていた。 新聞やニュースで、連日のように報じられる熱戦を目にするたびに。

テレビで観戦した試合もいくつかあった。 けど、やっぱり球場で観るのとは大違いだ。 観に行けなかったことを大いに後悔した。

昨日の決勝戦は、新幹線の中でラジオで聞いていた。 結果は、まさかの引き分け再試合。

しかし、そのおかげであきらめていた今年の夏の甲子園観戦が可能になった!

決勝戦再試合。 甲子園球場についたのは午前11時頃。 大阪駅から乗った阪神電車の混みぐあいにすでに驚いていたが、内野の入場券がすでに売り切れになっていたのにはさらに驚いた。 だって、これ、いくら夏休みといっても平日の昼間、しかもアマチュアの野球だよ!

とりあえず、自由席の外野スタンドに席を見つける。 それも、しかし試合開始前には空席はなくなるほどひっきりなしにお客は入り続けてくる。 けっきょく、試合が始まってから入場した人たちは席がなく、通路からフェンス越しに、一目だけでも見ようとジャンプしながらグランドをのぞいていたくらいだ。

初優勝を賭けた斉藤投手の早稲田実業、三連覇を賭けた田中投手の駒大苫小牧。
24イニングに及んだ決戦も、最後は決着がついた。

斉藤投手が最後に投げた144キロのストレート。
今後、自分にとっても忘れられない一球だろう。

甲子園の決勝戦が終わると、夏が終わったようにも感じる。 本来より一日遅い夏の終わり。
暑かった今年の夏、最後の最後に甲子園での名勝負に立ち会えたことに感謝したいです。

(写真:試合終了後のスコアボード。 阪神甲子園球場にて)

August 20, 2006

SESSION #115 「7年ぶりの東京ドームで」

115お盆のこの時期。

たいてい毎年、応援のためというか、聴きに行くというか、学生ジャズの祭典「山野ビッグバンド・ジャズ・コンテスト」のために東京まで出掛けることが多いです。

今年も、例によって。

さらに。 ついでに、この時期に関東地区でプロ野球が観戦できれば、ついつい球場まで出掛けることも多いんです。

今年も、例によって。

ちょうど都合のいいことに東京ドームにて中日vs巨人が今年は開催されているではないですか。 そんなわけで、19日の土曜日、実に7年ぶりとなる東京ドームでのプロ野球観戦へ行ってきました。 しかも中日戦を東京ドームで観るのは実はこれが初めてだったりします。

今年は中日戦を4試合観に行って、3勝1敗。 負けたのは開幕戦のみ。 その後の3勝はすべて”完封”勝ち、と、なかなか好調。 この流れにあやかってと行きたいところですが。

なんと、本当に上手くいってしまいました。 山本昌が8回をゼロ封、最終回も岩瀬がピシャリ。 で、3-0で完封勝ち。 今年はこれで観に行った試合は4戦連続完封勝ち! ちょっとスゴすぎませんか?!


ちょっと、後日談。

次の日の朝。 前夜のドラゴンズの勝利の余韻にもう一度ひたろうと「東京中日スポーツ」を購入。 紙面をめくるとそこには・・・
115_2
おっと、しっかりと自分の写った写真が掲載されているじゃないですか。

いやいや、いい思い出になりました。

そこの見出しにあった文字は、
「一番の収穫は幸平だ!!」(落合監督・談)

さすが、監督。 よくわかっていらっしゃる。

(写真:中日の勝利を示すスコアボードと、翌日の中スポの写真)

August 12, 2006

SESSION #114 「1000キロを突っ走れ!」

114先週のこと。

仕事の休みが4日間ほどもらえたので小旅行へ行ってまいりました。

目的地は北海道。

今回の最大の目標となるのは開催中の函館競馬場。 しかしながら、函館のために4日間ではちょっともったいない。

北海道に旅行に行くのはこれで8回目。 そこで今回は過去の7回で行ったことのない場所を攻めてみようかと。

考え付いたのは道東の地域。 釧路湿原やら、摩周湖やら、知床半島やら。 けれど、函館競馬場に行くとなると、道東はあまりに離れすぎ。 知床半島から函館までは距離にしておよそ600キロ。 観光もしながら競馬場も行くには4日間では無理か・・・とも思ったけど、けっきょく綿密な計画のもと強行日程で決行してしまいました。

とりあえず道東の地域で巡るのは、かの有名なファミコンの名作ゲーム「オホーツクに消ゆ」に登場した場所を中心にという方向性で。


 一日目
中部国際空港 ~ 釧路空港 ~ レンタカーで 阿寒湖 ~ 屈斜路湖
 ~ 摩周湖(霧で何も見えず!)

で、摩周温泉で一泊。

 二日目
摩周温泉を朝5時にチェックアウト ~ 摩周湖 ~ ウトロ港 ~ 知床五湖 ~ 知床峠 ~ 野付半島 ~ トドワラ ~ 釧路湿原 細岡展望台 ~ 釧路駅
 ~ レンタカーを返却しJRに乗り換え

そして、釧路から函館まで7時間、400キロの鉄道での大移動。
函館に午後11時に到着し、3900円の格安ホテルにて一泊。

 三日目
朝から函館競馬場。 馬券好調で大勝利し、競馬場の隣の湯の川温泉にて一泊。
夜は当然、函館山に夜景を観に行く。

 四日目
函館市内を散策。 五稜郭とか。
で、夕方4時の飛行機で名古屋に帰着。


以上の日程で無事に北海道4日間の旅も終了。
文字にしてみると、なにがすごいんだかわからないかもしれないですけど。
最初の2日間だけでレンタカーの走行距離が600キロちょっと。
そこから鉄道で400キロですからね。 北海道内の移動だけで1000キロですよ。

札幌も富良野も行かない、マニアックな夏の北海道の旅。
レンタカーの中ではひたすら「オホーツクに消ゆ」のサントラを流しっぱなし。
こんなことができるのも一人旅ならではの楽しみでしょうね。
興味の無い人には何が何だかさっぱりわからんだろうし。

とにかく、今回は昔から行きたかった知床とトドワラに行けたことが最大の満足でした。

もちろん、函館競馬で勝利したことも最高だったわけで。

(写真:知床五湖でみた熊出没の看板。 さすが北海道の大自然!)

« July 2006 | Main | September 2006 »