« SESSION #105 「時には昔の仲間と」 | Main | SESSION #107 「球春到来!」 »

February 28, 2006

SESSION #106 「激走!オートレース」

106仕事の休みに浜松までオートレース観戦旅行へ。

けど、オートレースっていったい何だ?

SMAPの森くんがいなければその名前を知らなかった人がほとんどだと思う。

鈴鹿サーキットとかで行われるモトGPとか8耐とかバイクレースとはまったくの別物。

要は競馬や競輪や競艇と同じ、公営ギャンブルのひとつ。 それがオートレース。

8台のバイクがよーいドンで走り出し、楕円形のコースを6周してゴールする順番を当てればいいわけだ。

自分もいままで競馬・競輪・競艇の3つは観に行ったことがあるんだけど、オートレースだけ無し。 だって普通に考えて観に行く機会が無いんだから。 同じ公営ギャンブルでもあまりにマイナー。

そんなわけで、公営ギャンブル愛好家として一度くらいは見ておかなきゃならんだろうと思い、自宅からいちばん近いオートレース場である浜松オートへ突撃をかけた。

到着するなりいきなりバイクの爆音にビビる。 おおっ、本当にバイクが走ってるよ。 これがオートレースか。

まずは専門誌を購入し目を通すが・・・なんじゃこりゃ? 読み方がさっぱりわからん。 しかたが無いので新聞に書かれた予想を参考に買ってみる。

と、いきなり3レース目でこれが的中。 新聞の予想印のとおりの結果なのに三連単で70倍の高配当。 この一撃でこの日のプラス収支は確定。 まったくよくわからないまま初体験のオートレースは勝利で終了。

それにしても、これは・・・本当によくわからんギャンブルでした。 国内にあるオートレース場はあと5カ所。 とりあえず、このさき再びオートレースに行くことはあるのだろうか? 元SMAPの森くん見たさに川口オートくらいは行くのだろうか?

今後のことはどうなるかわからないけど、この日はオートレース場からすぐ近くの「うなぎパイ本舗」にてうなぎパイ工場を見学し家路へ。 やはり浜松といえばおみやげはうなぎパイだ。

(写真:このヘンテコなバイクが走るのがオートレース。 浜松オート場にて)

« SESSION #105 「時には昔の仲間と」 | Main | SESSION #107 「球春到来!」 »