« SESSION #077 「野球とは、筋書きのない・・・」 | Main | SESSION #079 「北へ。~Diamond Dust~」 »

August 10, 2005

SESSION #078 「熱闘 草野球」

078真夏の太陽の下で行われる野球は甲子園大会だけでは無い!

ボクの職場では毎年この8月の前半に野球大会が行われ、職場内に所属する約20チームが覇権を賭けてトーナメントで激突するのです。

平日・休日を問わず昼間に毎日試合が行われるけども、当然、野球のために仕事を休むことなんてのは無理。 しかも勝ち進めば進むほど日程は余裕が無くなり、最後はメンバー集めと、集まったメンバーの体力勝負になる過酷な大会なのです。

そんな鬼の日程のトーナメントを、我がチームは一昨日に準々決勝をなんとか勝ち進み、準決勝へ進出。 その準決勝が行われたのは本日の13時半。 天気は快晴、気温は35度。 しかも、もし勝てば決勝戦は準決勝終了の30分後に開始というダブルヘッダーが待ち構え。 これはもう勝つも地獄、負けるも地獄。

で、結果は・・・残念ながら準決勝で敗退。 仕事の日程でベストメンバーが揃えれなかったってのもあるけども、暑さにやられたのがつらいところ。 相手チームも暑さに関しては条件は一緒のはずなのになぁ、なんでうちのチームのほうがバテてるんだろう?

昨日の愛工大名電と同様、我がチームの夏も終わりを告げました。 試合の前日は高校野球にプロ野球の観戦と、余念は無かったはず。 が、やっぱり観ているだけでは野球は上手くはならないですね。 来年の夏にまたリベンジです。

(写真:炎天下、気温35度の中の草野球。 尾張旭グラウンドにて)

« SESSION #077 「野球とは、筋書きのない・・・」 | Main | SESSION #079 「北へ。~Diamond Dust~」 »