« SESSION #073 「ナゴヤドームで虎退治」 | Main | SESSION #075 「大詰め!大相撲 名古屋場所」 »

July 18, 2005

SESSION #074 「長良川でもプロ野球」

074今年13試合目のプロ野球観戦。

今回おとずれたのは岐阜県の長良川球場。 織田信長が天下を望んだ岐阜城のある稲葉山のすぐふもとにある中規模の球場。

今年のプロ野球観戦はこれで6球場目。

しかしフランチャイズ球場と違って、こういった地方球場はプロ野球開催に関しては手際があまりよろしくないようで。 駐車場の案内から座席の数、警備員の配置、売店の飲み物の温度などなど・・・下手したら暴動がおきてもおかしくないくらい。 観客のほとんどが中日ファンであるためにケンカもおきなかったようで、もしこれが血の気が多い関西の球団が相手だったら・・・

そう、覚えている人も多いと思いますが、二年前にこの球場で行われた中日vs某関西球団の試合で関西ファンが観客席で催涙ガスを撒き散らすという事件も起きています。

で、その後、主催者が取った措置は関西球団との試合を次年度からここでは行わないというもの。 それで昨年のこの長良川球場で行われた中日戦の相手は中国地方の球団。 今年の相手は新聞社が親会社じゃないほうの在京球団。 そうすれば球場の大多数が中日ファンで埋まり、相手チームのファンは極少数になるわけで暴動やケンカはおきないであろう、と。

テロ対策やら何やらでどこに行っても手荷物検査とかある昨今の状況からすると、この発想はかなりすごいものがありますよね。 ちなみにこの球場では手荷物検査なんてものは一切ありません。 だいいち、検査をできるくらいの係員は配置されていませんから。

肝心の試合のほうは中日先発の朝倉が調子が悪いなりにもなんとか抑えて4-2でドラゴンズの勝利。 試合前半は攻めきれず守りきれずのイマイチな内容だったものの、後半はそれなりに中日の良い面が出てくれたようで。

天然芝のグランドに大型のスコアボードといったなかなかの設備を揃えているこの球場。 せめてもう少しだけ外野席を拡張し運営面をしっかりすれば、かなりいい球場になるとはおもうんですけどね。 天気のいい夏の日に野球をみるならば、やっぱり屋根の無い球場のほうが気持ちの良いものなんです。

(写真:綺麗な外野の芝とスコアボードが特徴。長良川球場にて)

« SESSION #073 「ナゴヤドームで虎退治」 | Main | SESSION #075 「大詰め!大相撲 名古屋場所」 »