« SESSION #066 「熱投 交流戦」 | Main | SESSION #068 「杜の都、仙台へ」 »

June 06, 2005

SESSION #067 「野球 野球 雨 競馬」

067ナゴヤドームまで西武vs中日を観に行ったのが6月2日のこと。

そのすぐ次の6月3日にはおなじくナゴヤドームにて、こんどは日本ハムvs中日戦を観戦。

二日続けてのプロ野球。 それもこれも今年から始まった話題の交流戦の影響なのはほぼ間違いなし。

日本ハムといえば言わずとしれた新庄に、バットを持ったサムライ・小笠原、幻の新人王・坪井、昨年のホームラン王・セギノール、東京ドームの天才打者・田中幸雄、師勝町の誇る好打者・稲葉と、なかなか魅力的な選手がそろっているチーム。 これを見ない手はないでしょう。

そんなわけで、この日は外野スタンドからの観戦。 試合のほうはどうもピリッとしない展開ながらもドラゴンズの勝利。 これで今期は球場まで観に行った7戦のうちドラゴンズは6勝。 まずまずでしょうか。

今年は1月から3月までは毎週のように競馬場に通ってましたが、4月と5月はバンド活動のほうが忙しく競馬場通いはややお休みに。 かわって、比較的時間のとりやすい野球場へのお出かけが主流に。 けど、やっぱり一ヶ月も競馬場に行くのをお休みにしているとそろそろ行きたくなるもの。

で、間一日を挟んだ6月5日は中京競馬場へ。 しかし、久しぶりの競馬場で何か感覚が狂ったのか。 レース終了後、手荷物預かり所に預けておいたカバンを受け取ってくるのをすっかり忘れてそのまま帰路へ。 そのことに気付いたのは夕食も食べ終わった午後8時過ぎのこと。

カバンの中には家のカギも入れっぱなし。 このままでは家に帰ることすらできず、大急ぎで競馬場の総務課に電話をして、けっきょく競馬場まで取りに行くことに。

野球やら競馬やら、忙しさにかまけて集中力を欠いたんでしょうか。 いくら忙しいといっても自分が好きでやっていること。 あまりの恥ずかしいミスに、終わってみればグッタリの週末でした。

« SESSION #066 「熱投 交流戦」 | Main | SESSION #068 「杜の都、仙台へ」 »