« April 2005 | Main | June 2005 »

May 2005の記事

May 21, 2005

SESSION #065 「大記録達成の快挙か!?」

065前回のあらすじ
両国国技館で相撲を観戦したあと家に帰らず、総武線から京葉線へと乗り継ぎ行った先は・・・

(いきなりこれを読んだかたは、一つ前の「SESSION #064」からお読みください。)

京葉線といえば、中山競馬場に船橋競馬場。 この二つの競馬場に行くときにいつも乗る電車。 普通の人ならディズニーランドに行くときに乗る電車。 しかし、相撲の終わった午後6時から行く場所は、競馬場でもディズニーランドでもありません。

電車を降りた先は終点の海浜幕張駅。 そう、この臨海の新都心・幕張にある野球場、千葉マリンスタジアムで中日vs千葉ロッテの試合が行われているんです。 せっかく電車ですぐの場所にいるんだからこれは観ておかないともったいない。 最終の新幹線は東京発22時ちょうど。 球場から東京駅までは約40分。 9時くらいに抜け出せば楽勝で帰れる時間だし、まあ最悪の場合は試合の途中で帰ることになるけど相撲のついでと考えればそれでも充分か。

本当はこの日に立浪の二塁打記録でも達成してもらえれば最高だったのに、残念なことに前日の試合ですでに達成済み。 ならば川上と清水のエース対決がこの日の注目といったところだけども、まあビールでも飲みながら気楽に観るとするか。 そんな軽い気持ちで球場に突入。

試合はすでに3回の裏。 中日がすでに3点をリードしこれは楽勝ムード。 これならば気分良く帰れそうだぞ。 そんな感じで試合は淡々と進む。 が、場内がざわめきだしたのは5回が終わったころ。 ここまで川上は一人も走者を許さないパーフェクトピッチング。 観客が完全に異様な雰囲気に包まれだした6回もパーフェクト。

これは、もしかしたら・・・ このまま行けば完全試合か? 相撲のついでで来た野球観戦でもしかしたら歴史的な大記録を目撃できるのか? しかし、最後まで試合を見るとなると新幹線に間に合わないかも。 野球は観たいけど明日は仕事があるから名古屋に帰らなければならない。 なんとももどかしい状態。

そんなボクの不安をよそに川上は7回もパーフェクト。 観客の緊張と興奮は高まるばかり。 よし、それならば自分も最後まで見届け、夜行列車で帰るとしよう。 球場に残ることに腹を決め迎えたのは8回裏。 時間はまだ20時をすこしまわったところ。 今日の川上ならやってくれそう、そんな期待と予感をみんな持っていたような気がしたんです。


一球一球がこんなに息苦しく緊張感に包まれた試合を観戦したのは初めてでした。 それだけに8回2死からの、期待を打ち砕いたイ・スンヨプの打球がバックスクリーンに飛び込んだ瞬間のなんともいえない落胆の声と脱力感は家に帰ったあともずっと頭の中に残っています。

けっきょく完全試合は達成されず、1安打の完投。 しかしプロ野球史上2人目となる、全員奪三振という立派な記録を達成していたというのを知ったのはボクが知ったのは家に帰ってから。 準パーフェクトとなったこの試合は展開も早く、試合が終了したのは午後9時まえ。

試合終了まで観戦し、しかも新幹線にも間に合ってちゃんとその日のうちに家に到着。 しかもドラゴンズは勝ったわけだし。 すべて思いどおりに事は運んだハズ。 だけど、やっぱり惜しかったなぁ。 

勝ったのに悔しい試合なんてこれが初めてです。 こんな歴史的快挙の瞬間に立ち会えるようなチャンス、もう無いかもしれないもんなぁ。

(写真:完全試合をわずか1安打で逃した川上。 千葉マリンスタジアムにて)

May 20, 2005

SESSION #064 「両国国技館で」

064国技館で初観戦です。

かれこれ20年以上も大相撲ファンをやっておきながら、いままで一度もこの聖地に踏み入れたことが無かったんです。 名古屋場所だったら毎年かかさず行っているのですが。

国技館が蔵前から両国に移って今年で20年。 さすがにそろそろ一度くらいは足を運んでおかないとと決意し、朝、仕事が終わってすぐに新幹線に乗って東上。 両国の駅に着いたのは13時ごろ。とりあえず、砂被りの席が当日券で残っていたら奮発して買ってしまおうと電車の中でひそかに考えていたけども、残念ながらこれは売り切れ。

だったらいちばん安い席でいいやと思い2000円の自由席を購入し、いざ入場。 とりあえず、隅から隅まで場内を探索してみて思ったのは、さすがは相撲専用に造られた競技場だということ。 場内の展示物も売店もとにかく相撲一色。 名古屋場所の行われる愛知県体育館とはレベルが違いすぎる!

この日は平日ということもあり、二階席はちょっとまばらな感じでしたが、まずまずの客入り。 しかも相撲に対する場内の歓声や反応が素晴らしいです。 もう本当に相撲が好きな観客が多いってことなんでしょうね。 砂被り席から入場券が売り切れるくらいだし。

そのあと、国技館に行ったら前々から食べてみたいと思っていた、ちゃんこ屋台と国技館カフェで腹ごしらえ。 それと売店で力士弁当も購入。 この力士弁当には「朝青龍弁当」・「魁皇弁当」・「栃東弁当」・「千代大海弁当」・「高見盛弁当」の5種があり、それぞれの出身地の特産物が入っているというもの。 自分は「高見盛弁当」にしたんですが、他の4つもかなり気になる。 いつになるかわからないけど次に来たときは魁皇弁当でも食べてみようか。 それまでに引退してなけりゃいいけど・・・

まあ、そんな感じで結びの朝青龍-白鵬戦まで無事終了し、この日の全取り組みは午後6時に予定通り終了。 さて、このまますぐに新幹線に乗れば8時過ぎには帰宅できるはず。

なんですが、ここですぐに帰らないのが自分の悪い癖。 せっかくここまで来たのだからもうちょっとくらい何か面白いものを見てこようと思い、両国から総武線に乗って西船橋へ。 そしていつも乗りなれた京葉線へと乗り換え。 さて、その先では・・・


なんとなく訪れた次の目的地。 そこで物凄いものを見ることになる!
(気紛れで出掛けた相撲観戦旅行。 結果的に日帰り弾丸ツアーになったわけですが・・・次回に続きます。)

(写真:多数の懸賞の幟が回る朝青龍-白鵬の取組。 両国国技館にて)

May 17, 2005

SESSION #063 「ナゴヤドーム、再び」

063なんだかんだで今年は3回目となるナゴヤドーム、4回目となる野球観戦。 今年は観に行った3試合はすべてわがドラゴンズが勝利しているので今回の観戦ももっと楽しみになっているはずだったのに・・・

世の野球ファンのあいだで話題なのはセ・パ交流戦。 しかし中日ファンだけはこの交流戦が始まるや否やいきなりの連敗で開幕の頃の威勢はどこかに消えてしまったよう。 かく言う自分も最近はすっかり意気消沈。

そんな試合前から気合が乗らないままナゴヤドームに到着し、発表されたスターティングメンバーを確認したらさらに意気消沈。 出場停止中のウッズは仕方ないにしろ、トップバッターは前日に荒木が怪我をしたため澤井に、捕手は控えの柳沢、ピッチャーには約1年ほど勝利の無い野口。

なんとまあ、6年前に日本シリーズで敗れたパの王者ソフトバンクを相手にレギュラーの半分近くを欠いたメンバで戦うことになるとは。 これがオープン戦だったらばそれなりには満足したのですが、チームが不調な上にこの戦力。 昼下がりの楽しい野球観戦をするはずだった日曜日は焼けクソでビールを飲む一日に変更を余儀なくされることに。

初回のメッタ打ちと、満塁で押し出ってのは勘弁してほしかった。 これでいいのか野口? それでも99年優勝の時のMVPなのか?

これでは道化だよ・・・

(写真:5月15日の中日vsソフトバンク戦。 ナゴヤドームにて)

May 09, 2005

SESSION #062 「そして、神戸」

062ゴールデンウィークの最終日となる5月8日。 連休中はずっと仕事だったけども、ようやくこの日は仕事が午前中で終わり時間ができたので神戸へとお出掛け。

着いた先はスカイマークスタジアム。 ちょうど二日前から始まったプロ野球のセ・パ交流戦、中日vsオリックスの観戦が目的。

このスカイマークスタジアムは昨年までは「Yahoo!BBスタジアム」という名前で呼ばれていた球場で、元々の名前はグリーンスタジアム神戸。 昨年の9月以来、この球場では2度目となる野球観戦なんですが、客席のフェンスは低くグラウンドの天然芝は美しく、全国的にも評判の良い野球場。 次に来るときはぜひ晴れた日のデーゲームで、しかもドラゴンズ戦でと思っていただけに、交流戦のスタートのおかげで早くも実現です。

試合の結果はご存知のとおり。 二転三転した乱戦も最後は守護神・岩瀬の登場でドラゴンズが勝利。 今年は三回目となった野球観戦もここまですべてドラゴンズが勝利。 この調子で日本シリーズまで突き進みたいもんです。

(写真:レフトスタンドから見た天然芝のグラウンド。 スカイマークスタジアムにて)

May 02, 2005

SESSION #061 「再会 オグリよ」

061平成元年に競馬を見始めた自分にとってオグリキャップという馬は特別な存在。 日本のスポーツ史に残るまぎれもないヒーローだったし、そのヒーローが自分の家からほど近い笠松競馬場の出身だったというのも、なんとなく肩入れできる理由のひとつってのもありました。

その笠松競馬場に4月29日と30日の二日間、14年ぶりにオグリキャップが帰ってきた! 赤字経営のため廃止の危機にある笠松競馬場がなんとかお客を呼べないかということで実現したこの企画。 実際には高齢の馬(今年でもう20歳)を北海道からわざわざ輸送することなんかに反対の声もあったけど、実現してみれば実に多くの観客が笠松に集まったではないですか。

朝から駐車場には県外ナンバーの車が多く並び、中には徹夜組まで出現する始末。 テレビも各局が取材に訪れ、当日はどこの局もニュースで取り上げてました。

来客数を見ても売り上げを見ても話題づくりの面から見てもこのイベントは成功。 いろいろと難しい制約があるもののこの企画を実現させた笠松競馬場の関係者の努力もさることながら、引退してから15年も経ちながらこれだけの話題を提供できるオグリキャップという馬にあらためて感銘を受けました。

自分は今から12年前、北海道の牧場までオグリキャップを見に行ったことがあったけども、まさか今度はこの笠松競馬場でこうして会えるとは。 ただ手綱を引かれて歩いていただけなのに、どこか他の馬とは違うオーラのようなものを漂わせていました。 場内の観客は口々にオグリキャップの名を呼び、拍手で称える。

そうか、こういう存在をスーパースターって呼ぶんでしょうね。

(写真:14年ぶりに笠松に登場したオグリキャップ。笠松競馬場にて)

« April 2005 | Main | June 2005 »