« SESSION #057 「愛・地球博へ」 | Main | SESSION #059 「草野球の開幕」 »

April 18, 2005

SESSION #058 「思い出のスタジアム」

058中日vs巨人。
二軍の公式戦としては意外にも珍しいというこの組み合わせの試合を観るべく、土曜日の昼さがりに出掛けたのはあのナゴヤ球場。

1997年にナゴヤドームが開業してからはドラゴンズ二軍の本拠地として使用されているこの球場、訪れるのは実に9年ぶりのこと。

ナゴヤ球場といえば小学生の頃から足繁く通った思い出深い球場。 思い入れで比べるならばナゴヤドームなんかとは比較の対象にならないほどの聖地とも呼べる場所。

で、あるにもかかわらず、現在は二軍の試合しか開催されないし、自宅からの距離も近いんでその気になればいつでも行けるだろうという考えもあって、ドームができてからは行く機会がサッパリだったのですが、ついにその空白期間を破り、とりあえず名鉄電車に乗り、かつて最寄り駅だった「ナゴヤ球場前駅」が先日のダイヤ改正で「山王駅」と名前を変えていたことに少し寂しさを感じながらも、かの懐かしの地に突入。 

中日vs巨人の二軍戦という対戦が珍しいからってのもあったんですが、最近になってから藤井寺球場や西宮球場といった古い時代の球場が次々に取り壊されている現状もあり、それならばナゴヤ球場もまだ昭和の時代の姿を多少なりとも残しているうちに行っておこうってのが今回わざわざ足を運んだ理由です。

この日の試合開始時間は12時半。 同日のナゴヤドームでは一軍の阪神vs中日も同じくらいの開始時間で試合が開催されているのに、この二軍の試合のお客さんの入りもそれなりに上々。 二軍の試合といえど1000円の入場料が取られるんだし、それにあと数百円だせばナゴヤドームの入場料と同額になるのにわざわざこのナゴヤ球場へ観に来るという自分みたいな人たちがたくさんいるというのがちょっと嬉しい。

広さや快適さでいうならば新しい球場のほうが良いに決まっているけど、このナゴヤ球場のもつ独特の雰囲気はドーム球場では絶対に味わえないものばかり。 その雰囲気が好きだったから自分は子供の頃から何度も球場に通い、野球が好きになったんです。

ナゴヤ球場で野球観戦をしたことがある人のほとんどがナゴヤドームより好きだと言っているのをよく耳にするし、せっかく球場自体が現存するならばいつかもう一度くらい一軍の公式戦をここで開催してくれないもんでしょうかね。 青空の下で300円で買った懐かしいビッグサイズのパックのジュースを飲みながら、そんな思いにかられました。

思い出すのは1988年の胴上げであり、巨人に敗れた10・8の決戦であり、チェリオやムッターハムの広告塔であり、コカ・コーラの電光掲示板であり、焼きソバの匂いや矢場トンの串カツの味であり・・・すべてが懐かしい・・・

(写真:バックネット裏から見た球場の様子。ナゴヤ球場にて)

« SESSION #057 「愛・地球博へ」 | Main | SESSION #059 「草野球の開幕」 »