« SESSION #055 「新・ドラえもん」 | Main | SESSION #057 「愛・地球博へ」 »

March 18, 2005

SESSION #056 「ポケモン・ザ・パーク!」

056来週に開幕する愛知万博に先がけ、名古屋駅の南に位置する笹島地区に万博サテライト会場という名目のデ・ラ・ファンタジアが本日開幕。 その目玉はなんといってもポケモンをテーマにした遊園地「ポケモン・ザ・パーク」(通称ポケパーク)です。

ディズニー及びディズニーランドが嫌いなボクはつね日頃から、「ディズニーを倒すのは任天堂だ」と公言していただけにこのポケパークにはかなり期待をかけてます。 世界的に人気のあるポケモンが題材とあれば世界中からファンがこの地に訪れるであろうし、聞いた話によると、国内はもとより海外の子供たちの中にもこのポケパークに行きたいがため、ついでに万博の見学にも行くという子もいるとのこと。 そんなわけで、自分もそれなりの期待をかけている以上はまずは足を運んでみないとと思い今日さっそく行ってまいりました。

仕事が終わった夜7時頃に会場に到着。 開幕初日だし、昼のニュースではかなりの人出と聞いていたので覚悟はしていたのですが、なんてことはなし。 お子様はすでにほとんど帰宅した後だったらしく注目の観覧車を始めどのアトラクションも待ち時間ゼロで利用できそうな感じ。 モノによっては貸しきり状態で乗ることも可能そう。

と言ってもあくまで子供向けに作られている遊園地。 仕事帰りの大人が一人で「メリーゴーランド」や「わんぱくトレイン」に乗るのはさすがに恥ずかしい・・・ かと言って観覧車に一人で乗るのもなんだしなあ。 そこで、園内で数少ない一人乗りのアトラクションである「ポケモン星空トリップ」という空中ブランコに乗ってみました。

閉園間近の時間ということもあり乗っているのは自分ひとり。 そんな貸しきり状態にも関わらず係員のお兄さんはマイクで「ポケモン・ゲットだぜ!!」と元気よくアナウンスしてアトラクションがスタート。 ひゃー、恥ずかしい。 ほんの数分で終わる乗り物でしたがけっこう本格的で、スタート直後は怖いと思えるくらいの高さをグルグルと回り、終わる頃には頭の中がクルクルになりタイトルどおりトリップ状態。 で、終了後にはまた係員のお兄さんが台本どおりの子供向けアナウンスをちゃんとやってくれ、お土産に記念のポケモンカードを一枚渡されました。 ありがとうございます。

どうでもいい話ですが、このデ・ラ・ファンタジアは万博のサテライト会場と銘打っていますが、実際のところは万博協会とはなんら関係なく万博の公式ガイドブックや公式ホームページにはいっさい紹介はされていません。 要するに名古屋市が万博開催のどさくさにちょっとでも名古屋に来る人にお金を使っていってもらおうという、いわば便乗商法です。 ほかにも新世紀名古屋城博という便乗イベントも開催はするのですが、名古屋とはとくに縁もゆかりも無いポケモンが万博期間中は名古屋市内のメインイベントというのが文化不毛の地・名古屋を象徴してるみたいで何とも微笑ましいかぎりです。

(写真:人気アトラクションの「ピカチュウの森」。一人で乗るのはさすがに…)

« SESSION #055 「新・ドラえもん」 | Main | SESSION #057 「愛・地球博へ」 »