« January 2005 | Main | March 2005 »

February 2005の記事

February 27, 2005

SESSION #053 「零下20度の対決」

053旅人が北海道で目指す先のひとつ、日本人ならば一生に一度は訪れておきたい日本最北端の地。 北海道へ来たのはこれで6回目ながら実は恥ずかしいことに、その宗谷岬を訪れたことは一度も無かったりしちゃいます。

宗谷岬へは札幌から特急列車で6時間ほどの日本最北の駅・稚内が最寄で、その稚内駅からまたバスで50分ほど行ったところにあります。  しかもこんな観光シーズンでもない真冬では岬にむかう観光用のバスは走っていないために数時間に一本の路線バスの使用しか方法は無し。 場所が場所だけに行くならば一日がかりの覚悟が必要。

札幌発の夜行列車に乗車し、稚内の駅に到着したのは午前6時。 駅に着く直前、明け方を走る列車の窓から見える光景は荒涼とした雪景色と空を飛ぶ白鳥の群れ。 これこそ最果ての地に向かう光景にふさわしい! と、勝手に胸を躍らせながら駅を降りてみると、異常なほどの寒さ!

宗谷岬方面へのバスの出発時刻までは約2時間ほどあり、極寒の中をノシャップ岬を始めとした市内の観光ポイントを巡りつつ時間を潰す。 ようやくバスの発車時刻になり乗り込んでみると、車内には地元の利用客に混じって自分以外にも宗谷岬を目指そうとしている旅行者がいることにちょっとびっくり。 吹雪のなか、岬に向かうバスは何度もドリフトのように後輪を空転させながらカーブを飛ばしていく豪快な運転にさらにびっくり。 WRCの開催地に北海道が選ばれたのも、交通死亡事故数が北海道がトップなのもこれで納得がいきました。

   幸せ求め 最果ての地に
   それぞれ人は 明日を祈る

有名な宗谷岬の歌にあるように自分も最果ての地に明日を祈ろうかな。 天気がよければ海のむこうに樺太が見えるらしいけど今日はどうだろうな。 いろいろなことを思いながらバスを降りようやく到着した宗谷岬は吹雪の中。 樺太の大地どころか50メートル先の岬の碑すらブリザードにかすんでよく見えないです。

冷え切ったメガネのフレームが顔に触れるのが痛く、風が顔に当たるだけで涙が出てくる。 その涙さえもすぐに凍ってしまうようななか、雪をかきわけながらなんとか岬まで歩き、吹雪の合間に間宮林蔵の銅像や宗谷岬の歌碑を拝み、あとは近くでただ一店だけ開いていた土産物屋に逃げ込むように転がり込む。

屋外に置かれていた温度計が示していた気温はマイナス18度。 おそらく今までの生涯で体感したなかでは最低の温度かと思われます。 次は雪の無い夏に来よう。 今度こそは樺太の大地を眺めながら明日を祈るべく。

(写真:雪に霞む間宮林蔵の像と宗谷岬の碑)

February 26, 2005

SESSION #052 「雪上競馬からの挑戦」

052気温は氷点下、天候は雪。 札幌から帯広に向かう列車は雪のため一時間ほどの遅れ。 街中は膝丈ほどの積雪。 そんな極寒の帯広競馬場。

そんな気候条件にもかかわらず、この日はばんえい競馬最大のレースであるばんえい記念の開催とあって帯広競馬場にはかなりの賑わいです。 同じ日に東京競馬場ではG1のフェブラリーSが行われているというのに、わざわざ本州から北海道に観戦におとずれるという物好きなファンも多いと聞いてましたがこれほどの熱気とは。 いうまでもなく自分もそんな物好きなファンの一人なのですけど。

ばんえい競馬は明治時代に農耕馬を競走させたことにルーツをもつ日本独自の競馬で、世界中を探してもこの北海道でしか行われていないです。 当然、ばんえい競馬を見るためには北海道に来なければならないわけだし、ばんえい競馬を見る以上は一番の大レースを見たいですし、と、そうなれば寒かろうがなんであろうが真冬の帯広にむかうというのが競馬打ちの本当の姿かと。

夏のばんえい競馬もお祭りのような雰囲気で楽しいですが、この雪の中の競馬こそが北海道ならではの本当の姿なんでしょうね。 1トンを超えるペルシュロン種という世界最大の馬たちが魅せてくれる迫力の競走は、見ているだけでなにか体中が熱くなってくるようなものがあります。 あの土けむり、あの白い息、あのムチの音、そしてあの歓声。 競馬ファンならば一生に一度はこの真冬の帯広でのばんえい記念を体感すべし!

それから、帯広在住の作家 鳴海章氏によって書かれたこのばんえい競馬を舞台にした小説「輓馬 -BANBA-」が映画化されることになり、競馬場内では映画のロケも行われていました。 公開は2006年の春とのこと。 自分も写っているかもしれないし、これは必見です。 主演は大河ドラマ・新撰組にも出演していた吹石一恵さん。 女性騎手の役らしいです。

どうでもいい話なんですが彼女はむかし近鉄にいた吹石選手の娘さんらしいです。 まったく父親には似てなかったですけど、スポーツ選手の血を引いているからには騎手の役ってのは期待できるんでしょう。 父親はなんといっても守備の達人でしたからね。

なお原作はこちらの本。 じつはまだ読んだことはありません。

(写真:雪の舞う中のばんえい競馬。 帯広競馬場にて)

February 24, 2005

SESSION #051 「奇跡の地 幌舞駅」

JR幾寅駅高倉健の主演で映画化された浅田次郎原作の直木賞受賞作品「鉄道員」。 そのお話の舞台となっているのはかつて炭鉱街として栄えていたた「幌舞」という名の北海道の山の中にあるローカル線の終着駅。 この幌舞駅はあくまで物語に登場する架空の地名で、おそらく夕張あたりがそのモデルになっていると思われます。

その架空の駅を舞台にした小説を映画化するにあたって、ロケ地として選ばれたのが南富良野町にある幾寅駅というところ。 ここは撮影で使われたオープンセットの街並みや駅舎が撮影終了後もそのまま保存されているということで観光シーズンには多くの人が訪れる場所となっています。

高倉健が大好きな自分にとってはどうしても一度は訪れてみたい場所。 しかもどうせ行くならば物語と同じ季節である冬に行くに限ると思い、雪の中を一両編成のローカル線に揺られ、いざ奇跡の地・幌舞を目指すことに。 ちょうどその日の北海道地方は低気圧の通過で大雪の気候。 あと一駅で目的の幾寅駅というところで積雪のため列車が立ち往生。 約一時間ほどの除雪作業ののちようやく列車が動き出し、なんとか鉄道員の舞台・幾寅駅に到着です。

駅に降りてみると、雪に埋もれて真っ白な光景は映画に出てきたあの幌舞駅そのもの。 感動に浸りながら駅舎の外に出てみれば、あの映画の街並みがしっかりとあるではないですか! ここで志村けんが酔っ払っていたんだなとか、あそこから広末涼子が歩いて来たんだなあと一回り見ていたところ、ボクと同じ列車から降りた初老の男性も遠目に映画の建物を見ていました。

その人はむかしこの近くに住んでおり、今回は観光では無く、来月で廃校になるこの町の小学校まで式典と同窓会に出席するために横浜から来たと話していました。 「50年ぶりに通学路を歩いてみますよ。」と、そう言って雪の降る街へと消えていく背中をみて、あぁこれを郷愁というのだろうなと感慨にひたりながら、自分もまたふたたび反対方面へむかう列車に乗りこの駅を立ち去りました。 あの男性にも「鉄道員」のお話みたいに奇跡のような出来事がありますように、自分にも次の目的地である帯広の競馬場で奇跡がおきますように、そう心で祈りながら。

次は夏にでももういちどこの駅を訪れてみたいなぁ。

February 23, 2005

SESSION #050 「北へ還れ!」

セントレアにて2月19日より数日間、北海道へと出掛けておりました。

ちょうど出発の2日前の2月17日は中部国際空港のオープンの日。 しかも全日空の超割の期間とも重なっているということで、旅に行くならこの日しかないとばかりにこの開港直後の仕事の休みの取れる日を狙って数ヶ月前よりチケットは確保していたのですが、いざ当日、空港に到着するとものすごい数の見物客が来ているではないですか。

出発時間より早めに空港に来てご飯でも食べてから飛び立とうと思っていたのでしたが、食堂などの施設は昼前にしてすでに満員で入場規制中。 ならんで待っていたらとても出発時間には間に合わないと思い、空港見物はあきらめてそそくさと搭乗ゲートに移動。

それにしても新空港には驚きました。 施設の広さは成田空港にこそおよばないものの、今まで利用していた名古屋空港とは比較のなら無いくらいの規模と施設の立派さです。 連日のようにたくさんの見物客が押し寄せているというニュースを見ていて、なんで飛行機に乗るわけでもない人たちがわざわざ空港に行くんだろうと思っていましたけど、あれだけの建物を見せられれば確かに見物に行ってみるほどの価値は充分にあるんだろうなぁと納得。 自分もまたこんど時間があるときにでもゆっくりと見物に来たいと思ったくらいですから。

そんなわけで、昨年11月にも北海道へ行ったばかりだというのに、それからわずか3ヵ月後。 物好きなことにこの真冬に雪祭りも終わったあとの北海道へ、スキーをやるわけでもなし、温泉に入りに行くわけでもなしの一人旅に行ってきました。 

北海道に渡るのはこれでかれこれ6回目なんですが、冬の北海道は今回が初体験。 明日からの2~3回に分けてその旅行記をおとどけします。

(写真:出発前のANA中部国際空港発 千歳行き・エアバスA320。セントレアにて)

February 17, 2005

SESSION #049 「セントレア」

ついに中部国際空港が開業!

昨日の夜、バンドの練習から帰るとき国道41号線を走ってきたのですが、対向の車線は大きなトラックやらトレーラやらが数珠繋ぎ状態だったんで、あれがきっと名古屋空港から新空港への引越しの一団だったんでしょう。

今日は朝から新聞を見てもテレビを見ても、とにかく新空港の話題で満載でした。 名古屋競馬場も今日の準メインレースに「中部国際空港・セントレア開港記念」というレースが組まれるほどの気合入り。 名鉄の空港行きの特急は午前中からほとんど満席のようでしたし。

じつは中部圏に住んでいるほとんどの人が来月に開幕する愛知万博よりもこちらの新空港の開業のほうがずっと楽しみにしていた話題なのかもしれないですね。 少なくとも自分の周りの人たちはそんな人が多いです。 そうすると、万博は空港開業のおまけイベントなんでしょうか?

気になる新空港ですが今日も見物人が多そうなので、足を踏み入れるのはもうちょっとあとにします。

今週末、ちょっと北海道まで出掛けるのでその時が初見参の予定。 あと2日後、楽しみだな~

« January 2005 | Main | March 2005 »