« SESSION #044 「北の出会い?」 | Main | SESSION #046 「技術のソニー」 »

November 20, 2004

SESSION #045 「ハウルの動く城」

さっそく観てきました。 宮崎駿監督の「ハウルの動く城」。

今回の作品で話題のひとつとなっているキムタクのアニメ声優初挑戦。 これが発表された時は賛否両論が巻き起こり、試写会の後も週刊誌などがかなりバッシングをしてましたし、SMAPが声優っていうとどうしても「姫ちゃんのリボン」の草薙くんか「赤ずきんチャチャ」の香取くんあたりを思い出してしまう人はたくさんいると思うんで、いったいどうなることやらと心配はしていたのですが・・・

まあ、これくらいならば充分に合格点でしょうか。 キムタクはアニメは初挑戦かもしれないけど、以前にフードファイトというドラマで九官鳥の声をやっていたから声優経験はあったわけだし、なにより台詞がそんなに多くなかったですから。 それよりも、「もののけ姫」以来の声優挑戦となる三輪明宏のほうが見事なまでのハマリ役だったので、そちらのほうに引き込まれてしまいました。

さて、自分はいつも宮崎作品を観るときは名古屋市中区の名宝会館という映画館で必ず観てきました。 「ラピュタ」も「トトロ」も「紅の豚」も「もののけ姫」も「千と千尋」もみんなそこで観てきたのですが、残念ながら二年前の12月をもってその名宝会館も閉館してしまいました。 ですので、今回は名古屋駅前の名鉄東宝へと足を運んだわけですが、なんとんくちょっと寂しい気分。 新聞社やテレビ局の報道陣が取材する中、2000人の客席数を誇る伝統の名宝会館を満員にして迎えるという初回上映のあの雰囲気はもう味わえないのですね。

今日の名鉄東宝にもマスコミの取材は来ていましたが、お客さんの数は「もののけ姫」や「千と千尋」の時に比べればちょっと少ない感じ。 今は郊外に大型の映画館がたくさんできたので名古屋駅前の映画館までわざわざ足を運ぶ人の数はそのころよりは少ないはずなので単純な比較はできないので何とも言えないですけども。

さて、今回は「千と千尋」のときのようなロングラン&観客動員を記録できるでしょうか。

« SESSION #044 「北の出会い?」 | Main | SESSION #046 「技術のソニー」 »