« SESSION #039 「日本一へ王手」 | Main | SESSION #041 「ポケモンジェットに乗って」 »

October 25, 2004

SESSION #040 「そして終戦」

040.jpg日本シリーズが終わりました。 なんともいえない虚脱感を全身に感じながら西武ライオンズの胴上げをナゴヤドームのライトスタンドから眺めていました。

第4戦・第5戦と、あれだけいい試合をしていた中日が日本一に王手をかけてからの2試合はほとんどいい所が無く、スタンドで観ていて息苦しく痛々しく、野球を観戦するのがつらいと思えたほどです。 ドラゴンズの選手もファンも日本シリーズという舞台に慣れていなかったがためなんでしょう。

西武は12年ぶりの日本一だとはいっても、その間に5度のリーグ優勝もしているし、その前には日本シリーズ4連覇を果たしているチーム。 今年だってパ・リーグのプレーオフをフルで勝ち抜いてきたわけだったので、結果的に中日とは色々な面での経験が違ったんでしょうね。

かつて1992年に日本シリーズであと一歩のところで西武に敗れた野村監督率いるヤクルトは、負けた直後から次年の日本シリーズ制覇のみを目標とし、結果、一年後にみごと西武を倒しその後に続く黄金期を造りあげました。

願わくは今日、敵将の胴上げを目の当たりにしたドラゴンズの選手たちが、これを期に黄金時代を築き上げることを祈ります。 来年こそは51年ぶりの日本一に!

(写真:日本一が決まり胴上げされる西武の伊東監督。ナゴヤドームにて)

« SESSION #039 「日本一へ王手」 | Main | SESSION #041 「ポケモンジェットに乗って」 »