« SESSION #035 「天才クイズ」 | Main | SESSION #037 「胴上げ」 »

September 28, 2004

SESSION #036 「2時間49分のラストゲーム」

036.jpg今年6月に端を発した近鉄とオリックスとの合併問題。

なにもかもがすっきりしないまま結局9月27日に両チームによる最終戦が行われました。 自分はたまたま仕事が休みだったこともありYahoo BBスタジアムへと乗り込みこの2球団の最後をしっかりと見届けることに。

ボクの住む名古屋ではパリーグ文化はほとんど無いとは言われていますが、近鉄はかつてナゴヤ球場で主催試合を毎年行っていたし、オリックスもイチローの登場後はナゴヤドームでのゲームを毎年行っていて、どちらも何度となく観戦に出かけたこともあり愛着のあった2チーム。 その2チームが同時に消滅するというんですからこれはもうなんと言うべきか。

オリックスの球団経営側からすればあくまで合併であり、来年度も「オリックス」という球団は存在するというのが言い分なんでしょう。 試合後のセレモニーでも合併の報告は一言もなく、伊原監督の挨拶も球団社長の挨拶も無い。 そしてただ「来期もオリックスブルーウェーブをよろしくお願いします」との場内アナウンスが繰り返されるだけ。

けれどもファンからしてみれば近鉄という球団は消滅するのであり、かつてのブレーブスを継いで14年間やってきたプルーウェーブという名前も消えるというのが突き出された最終的な結論。 この日スタジアムに集まったファンや最後の一戦に全力を尽くした選手、それに対する主催者との温度の差をまざまざと感じざるをえないそんなラストゲームでした。 ブルーウェーブのファンも、近鉄のファンも来年はどんな気持ちで、どこの球団を応援しているんでしょう?

サブマリンの山田、MAX130キロのエース星野伸、世界の足・福本、三冠王ブーマーを擁し黄金期を築き、イチロー・田口・長谷川ら、のちのメジャー選手が再び黄金期を作ったブルーウェーブ。 ブライアント、大石、オグリビー、金村から中村紀、ローズまで、いつの時代も当たりだすと「いてまえ打線」という言葉のとおり本当に脅威だった近鉄。

他にも石嶺とか阿波野とか野茂とか松永とか、どっちの球団にも好きな選手いたっけ。 門田がブレーブスにいたこともあったし、あとは吉井なんか両方のチームにいたんだよなぁ。 思い出してみると何もかもが懐かしい。

何十年か経った後、かつてこの国のプロ野球に「近鉄」と「ブルーウェーブ・ブレーブス」という球団があったんだぞってことを語れるように。 この日のスタジアムの空気を、この両チーム選手たちを、そして彼らによる最後のゲームとなった2時間49分をしっかりと自分の目に耳に脳裏に焼付け、球場をあとにしました。

来年も、再来年も、その後もずっと、プロ野球が選手にとってもファンにとっても楽しいものであることを祈ります。

(写真:試合終了後のスコアボード。7-2でオリックスが有終を飾る)

« SESSION #035 「天才クイズ」 | Main | SESSION #037 「胴上げ」 »