« SESSION #029 「DRAGON OUESTの世界」 | Main | SESSION #031 「大相撲名古屋場所」 »

July 09, 2004

SESSION #030 「海へ出掛ける」

突然何を思ったか、サザエを獲りに日本海へ行ってきました。 海に行くにはちょっと時期が早いかもしれないけど今年はどうも梅雨といっても晴れ間が多いので、魚獲りくらいならいいかなと誘われるがまま連れて行かれることに。

到着したのは敦賀の海。 日差しは暑く水は冷たい、海で遊ぶには最高の日の予感。 しかしやっぱりまだ天候が不順な梅雨時の影響か波が恐ろしいほど高い・・・ それにもかかわらず同行した強者たちは到着するや否や一目散に海に突撃、これでもかとばかりに魚介類を探し始める。 うーん、さすがだ。

自分は泳げないわけではないけども、そんな高い波の中サザエ獲りを敢行する根性も無いので岩場でカニとヤドカリと戯れあとは好天の下、浜辺で昼寝をすることに。

ところがそれがよくなかったようです。 ろくに準備もせずに海に来て、少し泳いであとは昼寝、目が覚めたときは全身は真っ赤なゆでダコのような状態。 帰途につく頃には服も着れないくらいに日焼でパンパンに腫れ上がってました。 それからしばらくは夜も眠れないくらい体中がヒリヒリと痛む毎日。

もともとボクは夏場でも長袖を着て生活しているんですが、これは自分はクーラーに弱いという体質のためだというのと、もうひとつは皮膚が弱いためあまり直射日光に当たって日焼しないようにという理由があるんです。 そんな軟弱モノがちょっと頑張って海なんかに行くとすぐにこのありさま。 やっぱり自分に無理なことはやるなということなんでしょうか。

海に行った日からすでに一週間ほど経過した今は、全身の皮がボロボロとめくれてきているという状況。 世の色黒の人たちはいったいどうやればあんなに見事に日焼できるんでしょう? これだけ頑張ったのにこの一週間かけで赤くなって皮がむけて結局またもとの色白に戻っただけ。 とんだ苦労を経験して夏の始まりを実感することとなった、ちょっと困った大事件でした。

« SESSION #029 「DRAGON OUESTの世界」 | Main | SESSION #031 「大相撲名古屋場所」 »