« SESSION #025 「カメラの話」 | Main | SESSION #027 「休日の過ごしかた」 »

March 14, 2004

SESSION #026 「異国から来た力士」

話はかなり遡り昨年の7月のこと。 近所のショッピングモールに出かけた際に一人の相撲取りを見かけました。

毎年その時期はちょうど大相撲の名古屋場所の開催期間であり、街で相撲取りを見かけるなんてのは別に珍しいことでも何でもないのです。 が、その時目にしたお相撲さんは色白の肌に濃い髭に太い眉をたくわえ、どう見ても日本人には見えない、かといってハワイやモンゴル出身の力士とも明らかに違う風貌をしてました。

着ている浴衣には「追手風部屋」の文字。 ここで、ふと先日新聞で読んだ旧ソ連のグルジア共和国から来た黒海という名の力士の記事を思い出しました。 ボクは過去にグルジア人を見たことは無かったのですが、おそらくこのハワイでもモンゴルでもなさそうな外国人力士こそたぶんグルジア人の黒海関であろうと確信。

まわりの買い物客たちは、その巨体と異様なほどの存在感のためこの力士を避けて歩くか遠巻きに見ている中、無謀にもボクはそのグルジア人力士と思われる大男に歩み寄り、 「黒海さんですか?」と、と思い切って尋ねてみました。

「ハイ、ソウデス。」
最初はキョトンとしたような顔で僕を見てきましたがすぐに笑顔でこう答えてくれました。
「応援してます!頑張ってください。」
ボクもそう言うと大きな手で握手をしてもらい、あとは軽く二言三言くらいスポーツ選手とファンが交わすようななんでもないような話をしその場を立ち去りました。

その後の黒海関はというと、この名古屋場所を十両六枚目で9勝6敗と勝ち越すと、9月に行われた両国の全日本力士選士権ではみごと優勝。 さらに11月の九州場所では14勝1敗で十両優勝を決め、ボクと握手をした日から半年足らずの間に一気に幕内まで出世してしまいました。 今年の1月の初場所では新入幕にして8勝7敗と勝ち越しを決め、今もっとも注目される力士の一人となっています。

さあ、今日からは大相撲大阪場所がスタート。 あの日、グルジア出身の大男と握手したことを今後も自慢できるよう今場所も黒海関には頑張ってほしいです。 都合がつけば大阪府立体育会館まで足を運びたいとも思っています。

« SESSION #025 「カメラの話」 | Main | SESSION #027 「休日の過ごしかた」 »