« July 2002 | Main | September 2002 »

August 2002の記事

August 16, 2002

SESSION #005 「競馬場がなくなる日」

 「競馬場へ行くのかい?」

旅先の駅でバスを探していたボクに独特の中国地方訛りで声を掛けてきた白髪の老人。
話を聞けば、もう何十年来の地元の競馬ファンだとの事。
キャリアのなせる業か、一目見てボクを競馬場に行く人間だと判ったと話してました。

山陰の小さな町にある島根県は益田競馬場。
この夏をもって廃止されることが決まったその小さな競馬場に残された開催はラスト三日。
その三日のうちの一日目に訪れることができました。

今後この益田競馬場で競馬が開催されることはもうおそらく二度とない、つまりボクにとって、ここ益田ではこれが最初で最後の競馬観戦となるわけです。

フルゲートは八頭立て、六枠連単の前時代的な馬券、スタンドと馬場の間に公道が走るという世界的にもまれな立地条件・・・、 この日本一小さな競馬場、廃止の理由は赤字経営が続いたためとか。 不景気のなか主催者である人口五万人余りの益田市の財政を圧迫しているとのこと。 主催者の苦悩は確かにわかるのだけれど、これだけ地方競馬らしい味のある競馬場がなくなるのは本当にさびしいの一言につきます。

それでも、契約会社との関係で宣言することもなく突然廃止となった大分の中津競馬場、廃止が決まった最後の開催日が雪のため中止となった新潟県競馬、昨年度に廃止されたこの二つに比べれば、最後の最後に全国のファンが集まりセレモニーも行われる中で惜しまれて閉幕するこの益田競馬は幸せなほうかもしれないです。

 「これだけの人が集まったのは久しぶりだなぁ」
とは、前述の駅で出会った老人がつぶやいた言葉でした。


さて、その益田競馬場で懐かしい人に出会いました。懐かしいとは言え面識があるわけではないんですけども。
その人は、かつてこの益田競馬場の騎手として活躍し今も日本の女性騎手最多勝利記録に名前を残す吉岡牧子さん。

ボクが高校生のころ岐阜の笠松競馬で一度だけ見たことがあるだけな人なんですが、当時読んでいた競馬雑誌に何度も紹介されていた人であり益田競馬場の事は知らなくても吉岡さんの事だけは知っていました。

現在は結婚して東京で主婦をされているとの事でしたが、益田競馬の廃止を聞いて朝から駆けつけたと話していました。
サインを頼むと気軽に応じてくれ、話してくれた色々な思い出は本当に印象的な事ばかり。

頂いたサインに書かれていた言葉は、「LOVE HORSE」。
競馬に関わる全ての人へのメッセージでしょう。 「馬を愛せ」と。

その益田競馬場、本日、平成14年8月16日をもって55年間の歴史に幕を閉じました。

August 09, 2002

SESSION #004 「『ジブラー』が見た『猫の恩返し』」

世間一般でそんな言葉が果たして使われているかどうかは知らないですけど、自分はいわゆる「ジブラー」の人間です。
簡単に言えば、ジブラーすなわちスタジオジブリのアニメ作品の愛好者ってことですね。

そのむかし小学生の時、母親が「未来少年コナン」の監督さんの作品だよって映画館へ連れて行ってくれてそこで観た「天空の城ラピュタ」。これ一発で宮崎駿の大ファンになったわけです。

以後の宮崎作品はちゃんと前売券を買って映画館で鑑賞したし、特に「紅の豚」以降の「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」の作品は公開初日の朝一番に並んで観てます。 興味のある方、公開初日の次の日の中日スポーツの芸能面に行列の先頭付近に並ぶボクの姿が写真入りで見る事もできますんで一度確認してみてください。

ちなみにボクの母親はアニメファンとかそういった事はまったくなく、むしろ日ごろテレビは全く見ない人なんです。
見ない人なんですが、NHKで放送されていた「未来少年コナン」をたまたま見て「宮崎駿」という監督の名前を覚えていて、さらに自分の子供にその監督の作品を見せるために映画館へ連れて行ったって事を踏まえて考えれば、「もののけ」や「千と千尋」を観るため普段アニメを見ない大人までが映画館に列を作るっていう社会現象がおきるくらいの下積みはかなり以前からできていたんでしょう。

と、前置きがかなり長くなってしまいましたが表題の「猫の恩返し」を観てきました。 正直を言うとあんまりこの作品、期待していなかったんです。その理由はいろいろあって、
 ・対象としている客層が思春期の女の子であるということ
 ・この作品の前作にあたる「耳をすませば」があまり面白いとは思えなかったということ
 ・宮崎駿が監督の作品ではないということ

とくに「監督が宮崎ではない」ということはかなり深刻。
「もののけ」の大ヒット後に公開された高畑勲監督の「となりの山田君」があれだけメディアが大騒ぎしたのにもかかわらず興行成績がさっぱりだったという前例もあるし。

結局のところ、自分もふくめて世間では「製作がジブリである」ということよりも「監督が宮崎である」ということのほうが大事なんでしょう。 で、宮崎作品の公開が無いときにそれでも何か見たいという人のみが類似した「高畑勲作品」を観に行く。

だからはっきりとジブリ作品でも宮崎監督の作品とそれ以外で観客動員に大きな差が出来るんでしょう。 今回の「猫の恩返し」、ボクは初日から並ぶという事はしなかったし映画館内も昨年の「千と千尋」のような混雑をみせる訳でもなく、むしろ夏休み中ということを考えれば観客は少ないと思えるほどでした。

さて、観おわってですが・・・
ちくしょう、面白いじゃないですか。過度な期待を掛けなかったのがよかったのでしょうか。

難点をあげるとすれば、20歳後半の男性が独りで観に行くにはつらいということと、同時上映の「ギブリーズ」が「???」な作品だったということぐらいです。

それでも娯楽映画としてはそれなりの出来だと思うし中高生の女の子ならまず間違いなく楽しめる作品でしょうね。

なんだかんだ言いながらもけっきょく自分はジブリから離れられないんですよ。 これを書いているすぐ横のテレビは「千と千尋」のDVDを流れてますし。

August 07, 2002

SESSION #003 「車を買いかえるのこと」

過去に三台ほどのクルマを乗り継いでます。
ボクのクルマ選びの際にこだわりたい事と言えば、

・排気量が2000から2500ccくらい
・MTであること
・NAであること(ターボきらいなもんで)
・FRであること
・自己満足でもいいからカッコイイこと

と、こんなところでしょうか。
で、実際に乗っていた歴代の愛車を上げてみると

スバル・レックス (昭和57年式 550cc 4MT FF)
ホンダ・ドマーニ (平成5年式 1600cc 4AT FF)
日産・フェアレディZ (昭和62年式 3000cc 5MT FR)

はい。見事にバラバラです。メーカーから排気量から全てまで。 一番最初のレックス号は親からのおさがりなんでしょうがないといえばしょうがないけど、条件満たしてるのは「MTである」って事ぐらいでしょうか。4速なんですけどね。

二台目のドマーニ号にいたっては一つも条件クリアしてないです。 でもそれはそれで当時はかなり気に入ってたクルマだったんですよ。

そんなこんなで実は二週間ほど前に車を買い換えました。
前に乗っていたフェアレディ号がかなり気に入ってたんで実はすごく迷ったのでしたが。
車検が切れるということと、なんせ昭和62年式だったものでエアコン・足回り・電気系・・・・かなりの箇所にガタがきてて。

直そうかとも思ったんですがその後の維持費とかを考えると・・・まだ動くうちに手放していい思い出にしようかなって感じになっちゃいました。ほんと完全に壊れて動かなくなったらそれはそれでかなりさびしいですから。

というわけで今回もこのこだわりファクターでクルマを選んだんですが、はっきり言って該当する車種ってないんですよね、困ったことに。
で、けっきょく行きつけの車屋さんに入庫した平成9年式のスカイラインを購入。

100%とまでは行かないけどまあかなり気に入ってます。 特に、ちゃんと動作するエアコンと前のクルマには付いてなかった集中ドアロックはお気に入り。

日産・スカイライン (平成9年式 2000cc 5MT FR)

ちゃんと2000ccでMTのNAのFRのスポーツカーです。
はじめてですね、ファクターの要素ぜんぶ満たしてるクルマは。

昭和62年のクルマからいきなり平成9年のクルマへの乗り換えはまるで浦島太郎状態。 いままで見たこともないような電子スイッチ類と格闘しながら、新しいクルマに慣れるにはもう少し時間が必要かも・・・

« July 2002 | Main | September 2002 »