Main | SESSION #002 「野球の季節」 »

July 24, 2002

SESSION #001 「SUMMER TIME」

日ごろ朝の早い仕事をやっている自分が家を出る時間はたいてい六時半すぎ。
駅までの道中に見かけるラジオ体操へ向かうチビッ子の集団。
それを見て、あー世間は夏休みなんだなーってのをそこではじめて実感する今日このごろ。

高校を出てから大学時代の夏は部活とバイトに日々を費やしてたもんで、もうかれこれ夏休みなんてものと縁遠くなってから何年たったんだろう、なんて思うと同時に自分のチビッ子時代の夏休みをよーく思いだ時てみてもやっぱりあんまりまともな夏休みはおくってなかったような気も・・・

ボクの小学校時代の男の子のほとんどがそうだったように自分もファミコンに命を懸けてました。
決して大げさな表現ではなくほんとにそれくらいの事をみんなやっていたものです。

朝早起きしてファミコン、ラジオ体操から帰ってくるなりファミコン、朝食を食べてからファミコン、昼食を食べながらファミコン、夕食後もファミコン、寝る前にファミコン・・・・
うそのようでほんとにこんな生活を一ヶ月間ほぼ毎日繰り返してました。
もちろん宿題なんてものは夏休みが始まる前に済まして、日記も8月31日まで先に書いておくというのがお決まりのパターン。

幸いなことに両親共働きだったために親からファミコン使用時間の制限を作られるもなく、知らないうち我が家はに友人たちのたまり場に・・・
親たちから見ればきっと悪の巣窟以外の何でもなかったんでしょう。

社会人となった今ではもちろん夏休みなんてものはないですしTVゲームもそこまでしてやりたいとは思わなくなっちゃいましたけど、今年の夏は自分にファミコンをやれという宿題を出したいと思います。

お題は「ドルアーガの塔」。小学生の時にすでに攻略したゲームなんですが、あえてこれを8月31日までにファミコンでクリアーすると言うのが宿題。
今の時代はインターネットで攻略法がいくらでも調べれるけれど、できるだけそれを見ずに記憶だけで頑張ってみようと思い追います。


~追伸~
先日、実家から約15年間現役だったテレビがついに壊れたと親から連絡がありました。
あれだけの酷使に耐えながら15年間もよく頑張ったと心から冥福を祈ります。

Main | SESSION #002 「野球の季節」 »