Main | August 2002 »

July 2002の記事

July 31, 2002

SESSION #002 「野球の季節」

野球が好きです。
小学一年生のとき父親に連れられていったナゴヤ球場、そこで観た「中日vsヤクルト」が生涯初めてのプロ野球観戦。

それからはというと年間に何試合も、多いときは何十試合もプロ野球を見に行くようになり、夏になれば高校野球も地区大会から足を運び、大学時代は社会人野球の都市対抗戦の応援団のアルバイトをやっていたというくらい野球に関してはちょっとうるさいです。

そんな自分、実は野球の経験がまったくなく、バットをろくに振ったこともありません。
たいていこの国のどこの家庭でも父親とキャッチボールをするくらいの行為は見られるはずらしいけど、我が父親はボクが子供のころ「才能がない奴とはあぶなくてできない」とボクのことを評し相手にはせず、自分はちゃっかり日曜になると朝からユニフォームにきがえ草野球に出発・・・
と、そんな少年時代を送ったわけで実際に野球をプレーする機会にはめぐりあわなかったのでした。

ところが自分も社会人にもなった23歳の夏、なぜかとつぜん草野球をはじめることに。 きっかけは職場で草野球チームを作ろうという話になり、野球経験もないくせしてただ野球好きというだけでその企画に参加。

はじめて受けるノック、はじめてやる素振り・・・ いやはや、もともと運動があまり得意でない自分なんですが見るとやるではこんなに違うとは。

とは言え、下手の横好きとはよく言ったもの。 これがなかなか面白くて。 下手は下手なりに、まわりからあきれられながらもボールを追っかける日々。

そういえば昔読んだ「エスパー魔美」という漫画に登場する高畑クンという少年、まったく運動が出来ないくせして人数合わせのために草野球に呼ばれそこですっかり野球に夢中になり下手ながらも事あるごとに草野球をやりたがるなんて話があったなぁなんてことを思い出しながら、今日も自分はバッティングセンターで空振りの山を築き上げ周りから失笑を買ってます。

いつかは隣町出身で今はマリナーズで活躍するイチロー君、とまではいかなくても人並みに球が打てて捕れて投げれるようになるのが当面の目標。

実際にプレーしてみなきゃ分からない事も多く、うーーーん、あらためて野球は奥が深いのを実感する毎日です。

July 24, 2002

SESSION #001 「SUMMER TIME」

日ごろ朝の早い仕事をやっている自分が家を出る時間はたいてい六時半すぎ。
駅までの道中に見かけるラジオ体操へ向かうチビッ子の集団。
それを見て、あー世間は夏休みなんだなーってのをそこではじめて実感する今日このごろ。

高校を出てから大学時代の夏は部活とバイトに日々を費やしてたもんで、もうかれこれ夏休みなんてものと縁遠くなってから何年たったんだろう、なんて思うと同時に自分のチビッ子時代の夏休みをよーく思いだ時てみてもやっぱりあんまりまともな夏休みはおくってなかったような気も・・・

ボクの小学校時代の男の子のほとんどがそうだったように自分もファミコンに命を懸けてました。
決して大げさな表現ではなくほんとにそれくらいの事をみんなやっていたものです。

朝早起きしてファミコン、ラジオ体操から帰ってくるなりファミコン、朝食を食べてからファミコン、昼食を食べながらファミコン、夕食後もファミコン、寝る前にファミコン・・・・
うそのようでほんとにこんな生活を一ヶ月間ほぼ毎日繰り返してました。
もちろん宿題なんてものは夏休みが始まる前に済まして、日記も8月31日まで先に書いておくというのがお決まりのパターン。

幸いなことに両親共働きだったために親からファミコン使用時間の制限を作られるもなく、知らないうち我が家はに友人たちのたまり場に・・・
親たちから見ればきっと悪の巣窟以外の何でもなかったんでしょう。

社会人となった今ではもちろん夏休みなんてものはないですしTVゲームもそこまでしてやりたいとは思わなくなっちゃいましたけど、今年の夏は自分にファミコンをやれという宿題を出したいと思います。

お題は「ドルアーガの塔」。小学生の時にすでに攻略したゲームなんですが、あえてこれを8月31日までにファミコンでクリアーすると言うのが宿題。
今の時代はインターネットで攻略法がいくらでも調べれるけれど、できるだけそれを見ずに記憶だけで頑張ってみようと思い追います。


~追伸~
先日、実家から約15年間現役だったテレビがついに壊れたと親から連絡がありました。
あれだけの酷使に耐えながら15年間もよく頑張ったと心から冥福を祈ります。

Main | August 2002 »